読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

子育てに不安な親と、それに群がる商売人の群れ。他人の言動に頼る心理は、日本の国民性であるのか。

paru 2

自分の子育てに、不安を持った経験のない親は、いないだろう。どんなに「良い子」でも、妙に変になる時期がある。

 

学校では、わが子はどうしているだろう。

子供の成長は、教員によって大きく変わる。成長させてくれる教員は「大当たり」である。それほどでもない、または、子供の足を引っ張る教員は「外れ」である。

かように、担任教員には、当たり外れがある。これはどうしようもないことで、運命と諦めるしかない。

 

家庭では、どうだろうか。親と子供と、互いによく理解しているはずだが、日本人は少し変なところがある。完璧に理想的で幸せな親子関係を、求めすぎる傾向がある。

 

親が神経質なのである。特に母親がそうである。不安な母親に、商売人が目をつけないはずがない。心理療法の亜流の、その横道みたいな各種の団体または個人が、施術、技法、面接おしゃべり、なにがなんだかわからないが、雨後の筍、湿った倉庫のカビのごとくに生え広がる。

子育て相談、子供を伸ばす方法、母親の悩み相談、親子関係は連鎖する、等々、勝手に理屈をつけて、派手に宣伝する。加えて、ネットで拡散できるから、これは何か金になるのでは、と考えない商売人はいないだろう。

 

 

少し話が脱線するが、日本人はお説教が大好きで、するのも、されるのも、快感なのである。

あれはああだ、これはこうだ、こうしなさい、ああしてはいけません、などと言われると、うれしくて仕方がない。簡単に言えば、独立心がなく、依存心が強く、甘えっ子なのである。

安倍某総理が、トランプ某大統領に、頭をなでてもらって、ニコニコと心底嬉しくてたまらないのも同類の説明で事足りる。それを馬鹿なマスコミが、例によって手放しで持ち上げる。

相手はビジネスマンである。頭をなでるにはそれなりの理由がある。たっぷりと日本国民の税金を、分捕ったに違いない。これからも、アメリカのトランプカードで、日本の下手くそプレイヤーどもは、散々踊らされることだろう。その結果、日本国民はまたしても負け続けることだろう。

 

それはともかく、話を戻すと、

「あなたの子育ては、ここが間違いだ。あなたにこんな原因があるから、子供がこうなった」などと、説教されると、即座に信じ込んで、熱心な会員、信徒、信者、檀家、弟子、となる。一件落着する。

 

思えば、これほど他人の言説を信じやすい、信じたがりの、甘えん坊の、神経質の、繊細で、ナイーブで、ある意味幼稚な国民、または親たちは、世界中を探しても、なかなか見つからないのではなかろうか。

鏡を見て、私はつくづく思うのである。