ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

スポーツが得意な高校生は、低学力でも入試に勝てる。大学は宣伝のためなら、なんでもあり。。

paru 2

大学はどこもかしこも経営難である。

「偏差値が55以下ともなると、大学というよりはレジャーランド、暇つぶし、学士を得るための免許センターのようだ」、入試情報に詳しい人の言である。

偏差値云々よりも、大学は、高い費用を払ってまで行く価値があるものかどうか、本人よりもその親に尋ねてみたい。

学校は昔から、教員がすべて、である。

子供が学校の主役だ、なんて聞いた風なことを言う者もいるが、とんだほら吹きである。教員にろくなのがいないのに、優秀または優秀になるべき子供が、集まるわけがない。

とはいえ、世の中には、奇怪な学校があるもので、旧帝大系列は、官立だから、できたのが古い。誰でも知っている。受験テクニックの優秀な子供が受験する。偏差値が高くなる。高い偏差値だから、余計に優秀な子供が受験する。中には、そこそこの人材も出る。

教員が疑問形でも、学校の名前で乗り切ることができる。

一方、私学はどうか。これはもう宣伝しかない。

宣伝のためなら、学力よりも知名度をとる。一例をあげればW大で、なんでもありである。もちろんW大ばかりではない、どの大学でも、すでに名の知れた、または今後有名になりそうな子供なら、学力はほとんど無視で、どんどん入学させる。

子供の実例をあげるまでもなく、こういう私立学校のからくりなど、諸君がすでによくご存じだろう。

それでも有名校に入れば、就職その他、何かと便利なので、無名な、ほとんどの受験生も、勇んで受験して、合格すれば喜んで行くのである。

世間と大学との、学生と教員との、奇妙な馴れ合いは、日本独特の一種の文化であって、東京の雑踏を歩けば理屈抜きで体感できる。

遺伝形質や育ちの違い、学力や勉強意欲のあるなし、学校の良し悪し、教員の質の上下など、関係ないのである。

大学と街と若者と生活とが、いい塩梅に溶け込んでいる。どうしようもない。

こんな無駄を許すどころか、むしろ暖かく見守るなんて、日本はよい国である。ぬるま湯どころか、国全体が温泉保養地である。

しかも、これまでも、今も、これからも、世界に向かって「おもてなし」を喜んで「させていただく」のが、嬉しい国民性である。お人好しというより、間抜けである。

話を戻すと、大学である。

大学は生き残りをかけて戦国時代に入った。と言えば、格好良さげだが、これまでが、ぬるま湯で、大学というだけで、客が集まった。もう、無理である。

では、どう戦う気なのだろう。本来は主戦力であるべき教員の「実力」の向上が望めない。もとより、戦力にならない者どもである。

以前のことだが、某国立大の教員なんて、ウイスキーが切れると、授業にならない。自分の研究室にはウイスキーがとりそろえてある。脱兎のごとく教室を飛び出して、ストレートで飲む。水も飲む。教室に駆け込む。その繰り返しだが、学生も表立っては非難しないし、できないし、まあ、する気もない。受かっただけで嬉しいのである。