ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

第一志望の私立中学入試に落たら、公立中学へ行くのが吉かも。

paru 2

かつて、小学校から中学へあがるとき、公立中学では不安だという声が多かった。

いじめの蔓延、中学教員が思想的に偏向していること、学力が十分につかないこと、などの理由からだった。

しかし、近年、そういう親は少ない。平気の平左で公立に行かせる。それほど中学校は変化したのだろうか。そんなわけがない。

中学校の教員や授業の質が変わったわけでも、子供の人格が変容して良い子ばかりになったわけでは、もちろんない。軽薄なマスコミが話題を他に求めただけのことである。

私立中学校は基本的に中高一貫教育が売りである。今でも、私立中学に行かせたいと考える親は、いることはいる。

東京には、開成麻布等の私学、筑駒等の国立大付属以下、書ききれないほどの学校がある。

地方で人気なのは、国大付属中や県内で東大京大に一番多く入学実績のある私立中ということになる。

目的の中学に入れなかった場合、どうするかである。次のランクの私立に入れることが多く、だったら公立中学へ行く、というケースは非常に少ない。

これは、せっかく、私立志向で頑張ったのだから、第一志望に行けなくても、第二第三と、私立に行かせようとする。

はっきりいって、これは得策ではない。とはいえ、あなたのお子さんである。どうぞご勝手に。

第一志望の私立や国大付属に入学できなかった場合は、素直に公立中学に行くのが吉である。

なぜというに、第一志望未満の私学に行かせても、子供の意識がビミョーに変化する。もちろん、余計に頑張って、大学入試でリベンジするケースもあるが、ほとんどは疑問の結果になることが多い。

そんな子供ばかりが集まっているから、士気も肝心なところで上がりきらない。

あまりくだくだしいので、もうよすが、親子の本音は、私学希望者が仕方がなく公立中に行ったとき、ほかの子供から「私立を落ちたから、ここに来やがって」と、いじめられるのではないか、ということを恐れているのである。

実際は、そんなことはないから安心せよと、言いたいのだ。

第一志望の中学に落ちたからといって、闇ばかりが広がるわけではない。住居の近くの中学で、それなりにやるがいい。伸びる子は伸びるし、そうでない子は、それなりになる。

ーーーーー

と、以上であるが、納得できないだろう。

仕方がない。

うまくいく場合もあれば、そうでない場合もあった。結局は子供次第である。子供次第とは親次第ということでもある。

一つ言えるのは、近年の公立中学は、世間で思うような「いじめ」は、ほとんどない。ないよりあったほうが商売になる連中にとっては不服だろうが、現実である。