ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

とかく授業はやっかいなもの。子供の作業と教員の説明のバランス。ぱるるの授業批評3

paru 2

授業批評3  

色分けの仕方は基準の提示が必要だ。 店や工場の多いところ、等。

子供の反応が少ないので、指導者が反応して、5つに分けた。

店の多いところは地図では何色・・・子供の挙手を促す。

田畑 、工場 、 森林 、 住宅 、

指導者「店の多いところってどんなところかな? 言葉で説明するにはどうしたらいい?」

子供 「○○区」

指導者 「では、○○区はどのあたりかな?」

子供 「○○駅の近く」 「○○区○町あたり」  「○○○」 「○○センターの近く」  

ここでは、前に地図があるのだから、出させて説明させるべきだ。前に出たからといって、指で示すのではなく、言葉で説明させることはできる。集中と持続の刷新。

 

子供「エ場の多いところ」

指導者「だいたいどういうところに工場がある?  何の近くにある?」

子供 「海の近くにある」

「どうして海の近くにあるんだろう」ここまで追及するべきだ。

後ろで手悪さの児童が数人いた。見逃してはだめだ。

きちんと授業を受けている風だが、集中をしていない感じの子もいる。 児童の理解の速度に合わせて、発問や指示言をすること。

指導者「住宅の多いところは?  青色の近くにある町つてどんな町?

田畑はどういうあたりに多い? 」  ←「どんな」「どういう」という問いは要注意。答えにくいし、曖昧になる。

「○○小学校から見てどつちの方角に電車が走っている?」←これは変な発問だ。意図不明。

地図で起点を示すことは大切だ。 自己の位置の簡単な確認。

子供「北東」

指導者「もつとわかりやすく言って」

東西南北+中間の4方向を徹底させてもいい。東西南北を使つて答える子供がいたのだから、場をとらえて徹底させる。

本日の授業では、板書を、ノートに、その都度書かせた方がいい。

たとえば、店の多いところ・・・の時点でノートに書かせれば、その後のパターンがいっそう能動的になる

一時間の授業の中で、子供自身に達成感を味あわせることが必要。

プリントBとCは自習教材としての位置づけ?

確認のために使う手もある。

とすれば、先にやらせるより、後がいい。

一つずつ考える・・・これは発言だけでなく静かに個別的に考える ということでもある。個別的に考えさえるには、静かな時間が要るし、ひとり一人に黙ってノートに書かせなくてはならない。

黒板でカードを使うことはありだが、同時に、児童が自分自身でゆつくり書くことのできる場と時間の確保はくどいようだが、強調しておく。

指導者が、子供の作業を一緒にするタイミングが早すぎるようだ。

資料を見て、子供が考える時間が必要。2時16分から、プリントBの作業に入つたのでは時間が足りない。

右の中央の場所を左の地図で確認する・・・次に作業に入らせる。ここに時間を十分取る。あのように後半を、急いで進めると、全員に「自分で考える時間」を確保したとはいえない。

左と中央をすべてつなげてから右に行くよりは、理解の流れとしては左、中央、右 というように一ずつ考える方がいい。

全体的に、指導者の説明が多いような感じだ。子供を誘導しすぎかもしれない。指導者の言葉が多くなると、逆に、子供の鉛筆が動かなくなる・・思考が動かなくなる。瞬発的な反応が得意な一部の子供ばかりが、目立つようになる。じっくりと考えるタイプの子供が埋没する傾向が出てくる。

プリントCは、指導者が指示したような説明を、子供に要求してはいない。飛躍がある。

時間内で強引に結論づけた感じがある。

(この稿について 参考 授業批評1

広告を非表示にする