読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

自己表現したいのは、みんな同じ。教員の執念、スマホの害悪。

paru 2

夏休みは、子供は学校に行かない。ならば、こちらから行ってやる、とばかりに、「学級だより」のプリントを、毎日届けてくる教員がいた。雨の日も風の日も、自転車で学級全員の自宅まで届けてくる。その執念恐るべし。

肝心の学級だよりの内容は、どうでもいいことが書き連ねてあって、教員の自己満足に過ぎない。

今はどうだろうか。ひょっとしてメールマガジンを強制的に読ませるのではなかろうか。

メルマガなんて、見なければいい話だから、玄関ポストに突っ込まれるよりは、よほどましである。

人はことほど左様に、どうしても他人に、自分を見てもらいたい。

「先生、僕が私がここにいるの、こちらを見てよ」

教員の体験者なら、思い当たるだろう。

小学生低学年のみならず、高学年にも、中学生でも、そして高校生でも、こういう子がいる。大概、良い子たちである。

しかし中には、どうしようもない乱暴者もいる。これは、素直に自分を表現できないので、他の子供に意地悪をしたり、規律を破ったりして、教員の注意を自分に引き付けたいのである。叱られたいのである。

これもまた、指導によって簡単に解決する。可愛いものである。

憎むべきは、政治家やタレントのそれで、こちらは全然そんなもの見たくない。なのに、平然と出しゃばる。自己宣伝する。議員、NHKや新聞屋、ニュースキャスター等々の類で、それが嫌で、テレビを見なくなって久しい。新聞紙も、時々、喫茶店で斜めに見るくらいである。

自己表現は、人の常である。しかし、各家庭に乗り込んでくるのはいかがなものか。

情報が多すぎるのは、ないのと同じである。本当に重要な事実を、多くの嘘っぱちで隠すのである。

それを証拠に、報道は繰り返しが多い。同じことを何度でも言って、時間潰しをする。肝心なことは、決して言わない、言えない、わからない。

携帯電話を、子供たちに持たせるようになったのは、学校帰りに塾に行っり、夜遅くなったりするので、親は、携帯のGPSで子供の動向を監視する必要があった。

近頃は、持たないと仲間外れにされるのでスマホが要る、と言って、親を困らせる。

スマホでピコピコも、いくばくかの自己表現なのだろう。

携帯時代はまだしも、スマホを子供たちが持つようになってから、格段に子供の学力が下がった。特に国語が下がった。日本語がダメになった。

高校3年生にもなって、満足に文章を書くことができない。

大学では新入生に、初歩の作文の書き方を教えなければならない。

読書案内もしてやらなけらばならない。

子供自身の自己表現どころでは、ないのである。