ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

教員の子供は勉強がよくできる。良い噂しか流れぬものである。

paru 2

いつも他人の子供の面倒を見ている教員も、人の子であり、人の親である。

子供を持てば、他人の子供と比較する。教員は、この傾向が強い。

他人の子供、中でもとびきり出来の良い子供と、自分の子供とを比較する。声には出さないが、内心で比べて、喜んだり悲しんだりする。

教員もいろいろで、だから親もいろいろで、従ってその子供もいろいろである。

教員の子供は、学業については、できる子が多いようである。数えたわけではないが、悪い話は、あまり聞こえてこない。

しかしこれは、自慢の息子や娘を吹聴するので、他人に知れたわけである。教員の子供も、千差万別で、できない子供が、たくさんいるだろうこと、容易に想像がつく。

しかし、教員は、仕事柄、多くの子供を見てきている。だから、自分の子供の出来が悪いと、辛くてたまらない。うちの子に限って、どうしてできないんだと、臍をかむ。子供も気づいて、余計に悪くなる。

こうなると、自分の子供より他人の出来の良い子のほうが可愛くなる。

これも、子供が感づいて、なおさら、深みにはまっていく。

どうにもこうにも仕方がない。不幸の連鎖である。

そんな教員の、その親もまた、教員であることが多い。

自分はできた、できることを親から期待され、強いられた。そして、事実、成績が常によかった。親の希望通り、教員にもなった。それなのに、なぜ、私の子は、勉強しないのだろう、できないのだろう、と悩む。

繰り返すが、教員間で、子供の噂は、よくできる子の話ばかりが流れてくる。

一流高校から東大京大一ツ橋なんてざらである。医者にも、ごろごろ、なる。教員にもうじゃうじゃ、なる。

そんなかで、学業がさっぱりだ、名前の知られていない高校だ、大学浪人だ、就職浪人だ、では形にならない。

これが教員の悩みとなっている例が、案外、多いのである。

荷風は、人の親にならなくてよかった、子供ほど悩みの種はない、と書いた。同感の教員も多いことであろう。

広告を非表示にする