ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

荒れた学校でがんばる教員。現代教育の指導と実際←少し丸山眞男風に

paru 2

学校は、一定の施設設備があって、そこに教えるべき任に当たる教員と、学ぶべき児童生徒学生とがあればよい。

これが学校の姿である。だから学校は、どこも似たようなものだと言えるかもしれない。

しかし、実際は千差万別で、一つとして同じ環境はない。

さて、某市の某学校、ここでは仮に初等教育を例にとるとして、X小学校としておこう。

X校は、児童が荒れていた。

子供の荒れの原因は、親の生活が荒んでいるからである。

詳細は避けるが、親の仕事がそれなりで家庭がアレで、地域に外国人が多く混ざっていれば、子供が荒れること必定である。

特に、同和問題で派手に騒いでも了とされた頃は、歯止めがなかったので、子供の荒れは、極限にまで達した。

教員も人の子である。堪忍袋の緒が切れて、厳しい言葉で叱ったり、多少の正当防衛的な有形力の行使もしたりする。さあ、それが大変なことになる。親も子も、「同和」を背負っているから、勇気百倍である。徹底的に逆ねじを食らわした。

教員や学校及び教育行政役所の勤め人は、騒ぐ親と子には勝てない。とことん打ちのめされた。

そこで、学校側は次の作戦にでる。

つまり慇懃自重である。

馬鹿がつくほどの丁寧言葉で、子供と親とに対応し、形ばかりの「人権意識」とやらを押し付けることにした。

家では、「この野郎、糞ガキが、殺すぞ」と親から言われている子供も、学校では、教員から「~さん、君」で呼ばれる。

「お掃除の時間だから、廊下の掃除をお願いしてもいい?」などと、言われる。

教員が子供を叱るときでも、教員は丁寧言葉を使わなければならない。子供の方は、教員を呼び捨てである。「音楽のババア、担任のゴミ」と、平気で騒いでいる。

それに腹を立てたら、教員の負けである。うっかり、激怒しようものなら、子供と親との、思うつぼである。

我慢である。忍耐である。自殺は滅多にないが、精神を病む教員もいる。

こんな学校は嫌だ、転勤させてくれ、と望んでも、代わりに来る教員がいない。そこで、一度、X校に勤めると、何年も同一校に勤めることになる。または早期退職する。運よく、長年の勤めに、耐えることができたなら、ご褒美に管理職に早くつけさせる。教育委員会に指導主事として栄転できる。それが楽しみで苦しみに耐える。

と、こう書くとなかなか理想的なようだが、現実はそうでもないらしい。

続く。

広告を非表示にする