読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

アクティブラーニングとやらは、予算分捕りの方便である。学生や生徒も、ツイッターもどきの意見発表ピコピコで楽しげである。

大学教員

アクティブラーニングなるものが流行っていて、大学から小学校まで大騒ぎである。

「経験から学ぶ」なんて、美辞麗句を連ねても、なーに、不勉強な生徒や学生に、なんとか勉強していただこうという魂胆である。

勉強しない奴は放っておけばいい、後の人生で後悔するがいい、と言うと身も蓋もないが、いつもながらの、とって付けたようなサービスごっこが、愚劣なのである。

もっとも、これは、本気で子供の将来のために、行っているのではない。新しそうな言葉を流行らせて、出版業者や、たださえ暇を持て余している大学教員達が、稼ぎ時とばかりに、騒ぎを大きくしようとしているのである。

自分で自分を励ましたり、褒め上げたり、危機感のような空気を盛り上げたりして、マスコミ屋・大学教員らの類の狂奔するのは、毎度のことである。新聞社やNHKの得意とするところ。紙面や放送中に、図々しくも、平気で自分たちを売り出す。

さて、この「アクティブラーニング」であるが、せいぜい、もって5年か、6年だろう。予算さえ分捕って仕舞えばこっちのもので、どうせ、消えてなくなる。

学生に見え透いたアンケートを書かせて、報告書をでっち上げるだろうことも、予想がつく。

大学のア・ラ関係者は、教室にソファを持ち込んだり、移動机に乗っかったパソコン台数が自慢で、嬉しくてたまらない。遊園地やアキバのゲーム遊戯室ではあるまいに、みんなで輪になってピコピコやって、楽しげである。学生に、口からでまかせの、しかも空気を読んだツイッターもどきの発言をさせて、大満足である。

勉強は、義務教育を過ぎたら、やりたくてするのが本筋で、サービス過剰になったのは、学校が多すぎるのである。または、学校に行かせたがる親が多すぎるのである。

学校に行ったところで、その人間が、何者かになるわけではない。

当人は当人である。お宅の子供である。親を見れば、自分を振り返れば、おおよそ見当がついてもよさそうなものである。

あれもこれも、自家製リサイクルのように、教員らを食わせるために、社会全体で煽っているのである。

アクティブラーニングの流行語の有効期限は、過去の教育政策ごっこ同様、短い。

それまで、せいぜい利用して、金をふんだくるがいい。