読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

道徳も宗教も、哲学もない日本の教育。占領されて潰されて消えていく時、どうする。

paruru kijiyou

日本の教育に芯がないことは、誰でもが気付いていることだろう。

寄って立つ教育哲学がない。

あるのは、教えることや学ぶことの実益の「ような」ものだけである。

学校で教えている「道徳」は、常識の幼稚な例示に過ぎない。「人間だもの」の類である。

よりどころとなる宗教がない。ごときものはあるが、あれは祭りであり、年中行事であり、風習の一つである。

従って、道徳がない。昔ながらの近隣関係だけがある。

さて、こんな日本だが、それでもこうして生き続けることができているのは、島国だからだ。住民のほとんどが、日本人だからである。

状況が変われば、いったいどうなってしまうのやら、わからない。

混乱し、一挙に崩壊するのか、または、ゆっくりと滅んでいくのか。

前者は体制の転換で、外国政府の支配下におかれることである。後者は、日本国民が他の人種と混合し、日本人種がなくなることである。

私は後者だと思う。

その遠因は、小学校教育にある。

とまではいくらなんでも言いたくはない。教育に限らず、敗戦後の日本が、全体としてゆっくりと、日本解体へ向かっていることは、あなたもご存じだろう。

資源のない小さな島国は、鎖国するか、あるいは独自の外交路線を貫いて生きるしかない。

鎖国は不可能である。

再度、武力でこじ開けられるだろう。

外交路線も、到底、無理である。

日本は英国のごとき、頭脳も冷酷さも持ち合わせがない。ついでに言えば、外交において最も有効な核戦力すら持っていない。

ないない尽くしだが、日本人の勤勉さと人の善さとで、現在までは、他国に利用されながら、そしてそのことのよってのみ、生き続けることができた。

運が良かったのだ。

運はいずれ尽きるときが来る。さあ、どうする。