読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

不機嫌な小学1年生。監獄の看守は強かった。意見の相違を嫌がる心理及び同調圧力。

paruru kijiyou

子供たちは、小学校に入学すると、さっそく担任から、ああしなさいこうしなさいと、命令される。

それはそれで仕方のないことである。

子供たちは、個性の塊と言うよりは、我がまま勝手な暴君の集まりである。担任は一人で、手強い彼らを相手にしなければならない。

仕事がしやすいように、あの手この手を考える。命令口調になるのも、当然である。

しかし、子供は子供である。学校は一種の監獄で、大人である教員は、強い看守である。

子供たちは、すぐに看守の言うがままになる。びくびくおどどと、教員のご機嫌をうかがうようになる。

しかし、これも言い過ぎだろう。

子供も親も、昔のように教員を支持していない、恐い存在でもない。逆に教員が、児童生徒とその保護者とを恐れるようになった。看守の力は弱まったのである。

弱まったにせよ、学校は、社会から認められた大きな組織である。そこから逃れる術は、子供にはない。不登校か病気か、またはもっと重篤な状態になるしかない。

それが嫌なら、学校に合わせて、なんとか小中学校だけでも乗り切ろうとする。

これがそもそも、不幸の始まりで、世界でも奇怪な「日本人の美徳」を醸成した。

おもてなしである。気配りである。空気を読む力である。合わせる術である。対立を避ける心理である。議論と称する談合である。権威らしきものに弱いのである。流布する意見を無条件で信じる習性である。新聞テレビが大好きで、疑わないのである。出る者を抑え、遅れるものを馬鹿にするのである。みんな一緒が大好きで、同じ鍋に入れるのである。こぼれた者を踏みつけるのである。

その他いくつでも出るのだが、つまりは、相手を疑わない。というより、疑うことを恐れている。意見の相違が怖いのである。だから、あらかじめ信じてしまうのである。

これは小学校に入学以来の教育の成果である。如何思うにや。