読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

教員は私立より国公立の方が上質なのか。私立校教員は腐りやすい。


一般に、私立学校の教員は、教育の技が「腐る」ことが多い。理由は簡単で、競争がないからである。
私立学校の児童生徒学生は、競争の結果、ようやく入学できたから、まだ勉学への意欲が少しは残っている。月謝分の知識は得ようとするし、高校生ならば、然るべき大学へ行こうという目的がある。
問題は、私立学校の教員たちである。転勤のない立場に甘えて、十年一日、似たような授業でお茶を濁す。
迫力のない、知的興奮のない、腐った授業ばかりになる。なーに、授業が下手でも構わない。肝心の生徒たちは、自分から進んで勉強する連中である。

一方、公立中高の教員はそうはいかない。どんどん転勤がある。生徒も玉石入り混じって油断ができない連中だ。
高校教員についていえば、授業や生徒指導で見所があったり、なくても先輩や教育事務所などとの有力なコネがあれば、国公立大学附属高校や、地域有数の進学校に転勤できる。有名校に転勤したところで、給料が増えるわけではないが、プライドは大いに満足させられる。仕事内容も、優秀な高校になればなるほど、楽チンになる。
有名進学校に転勤してしまうと、教える方も苦労するなんて言うのは、そもそも、実力の足りない教員で、教員自身の教授力や基礎教養があればあるほど、対象の生徒の学力が高ければ高いほど、教えるのは、容易なのである。

さて、私立学校の教員であるが、生徒が優秀ならば、教員も安直であることは、公立と同じである。ところが、力ある教員が悠々と素晴らしい授業をするならともかく、普通または普通以下の教員までが、楽に授業をしようとする。そういう気がなくても、やがて、流されて、漫然と授業をする。もともとが力の足りない教員たちである。しかも、生徒は自分で学習する力のある連中である。教員が腐らない方が不思議である。

急に、結論である。
私立学校は、考えものである。高校については、公立や国立大付属校の方が、失敗は少ないだろう。