読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

PISAは無視でいい。ミシュランとか、タイヤ屋ごときが日本料理に星をつける。

paruru kijiyou

日本人がやたら気にするPISAは、OECDがやっている「国際学習到達度調査」である。
到達度とか到達度評価、絶対評価なんて、現役の教員なら、馴染の言葉である。
評価ごっこは、実に下らない。

しかし、安上がりに子供を選別したり、教員をとことん使役するには、便利な方法である。
PISAはもちろん、新自由主義の先兵である。

教育を商売の損得にしてしまおうという魂胆である。

人はランク分けが大好きで、特に日本人は、白人から認めてもらいたくてしょうがない。近頃は、朝鮮人やシナ人にまで、褒めてもらおうと、必死である。

文科省以下マスコミの類も、外国の怪しげな機関に、評価されることが嬉しくてたまらない。少しばかり上がったの下がったので、一喜一憂する。
下らないことである。

白人種からみれば、有色人種は目下の存在どころか、人間とみなされていない。白人至上主義なのは、当の白人ばかりではない。肝心の日本人が、白人様が大好きなのである。

OECDのPISAなんぞ、無視でいい。経済人の商売勘定で他国の教育まで評価するんじゃない。


PISAの隠れた目的は、もちろん、日本人の奴隷化である。白人の言うとおりに労働し、目先の問題を手っ取り早く確実にこなす労働力がほしいだけである。

ついでに言えば、フランスのタイヤ業者が、こともあろうに、日本の料理屋にランク付けをするとは何事か。
三つ星だの四つ星だの、馬鹿も休み休み言え。
お前たちの意見など、聞いていない。
舌は自分自身が敏感かつ高尚だ。日本人の繊細な味利きは、外人ごときの及ぶところではない。