読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

ゆとり教育を進めて失敗し、脱却したと喜ぶ文科省の類。次は何をしくじって、やがて自慢しようかな?


ゆとり教育の推進者は、日本政府、文科省(文部省)、マスコミ諸君、利に連動する大学関係者の類だった。当時は、ゆとり教育に、だれもが諸手を挙げて、賛成した。反対しようものなら、村八分にして、アカポスにつけないようにしたり、マスコミ媒体から締め出した。

こんな連中が、教育政策の失敗が隠せなくなってくると、今度は、徐々に以前の詰め込み教育へ後ずさりして、首尾よく戻れたと安心すると、居直って、ゆとり脱却などと自慢する。

どうにもこうにも、食えない連中である。

さて、「教育現場にゆとりを」なんて、そもそも変な発想である。
十分に金や暇や心の満足があってこそ、ゆとりある暮らしができるのである。肝心の子供には、そのすべてがない。ついでに義務教育学校の教員のほとんどにも、ない。
それなのに、「ゆとり教育」がやったことは、学校を見え透いたお遊びの場にしただけである。どうせ管理された遊びの「ようなもの」だから、子供が満足するわけがない。どころか、大人の心根に隠された毒を見抜く。

学校教育は、日本の伝統文化を教え込めばいいのである。それが教育であり、それ以外にはない。


何様じゃあるまいし、「心の教育」だの「生きる力」だの「キャリアアップ」だって?
そんなことは、怪しげな俄かカウンセラーもどきや、大学に巣食う売文屋や、テレビ芸人・「文化人」タレント、文科省に収まった小論文の得意らしい青二才にやらせておけ。

現実の子供たちは、漢字を覚え、計算をし、本を正確に読んで、事象を批判できる判断力を持たなければならない。学校はそのためにあるし、それ以外にない。