読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

親の小言は後で利く。アメリカの指揮の下でこそ幸福な日本。教育は下ごしらえである。


親の小言と冷や酒は後で効く、という。
ところが、近頃の親は、小言を言わない。あれは愚痴であって、子どもに向かって小言をしようにも、その自信がない。


何かを諫めるには、物事の判断基準が、諫める人に備わっていなければならないのだが、そもそも基準になる道徳または常識がぐらついている。


人種のカオスのようなまとまりのないアメリカですら、宗教と建国の精神(のようなもの)が、人々をまとめる支柱となっている。


日本は、歴史が長い。人種も単一といっていいだろう。だから、お互いがなんとなく信頼(のようなもの)で結ばれている。日本人同士、分かり合える気がするし、実際、ある程度まで分かり合えている。人間関係が、大きく崩れない。


崩れるのは、今の子どもが大人になったときである。


すでにその準備は万端である。戦後の日本の教育は、国家の伝統文化の尊重よりは、グローバルで、英語第一主義で、中国が好きで、ついでに韓国も好きで、ソ連におどおどし、何よりもアメリカ様には永遠の忠誠を誓っている。


それが悪いとは言わない。言っても無駄である。日本はアメリカのように、諸外国をコントロールできないし、する気もない。コントロールされる方が、大好きである。安心である。


どうせ、犬になるなら、アメリカの犬になるのが幸せである。同様の趣旨を故・岡崎久彦宮澤喜一も、言っていたと記憶する。いずれも、国士である。日本のことを思っての本音だろう。
日本は自らが立つ国ではない。他国の指揮下で、幸福に暮らす国なのかもしれない。