読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

少子化万々歳。日本の人口は多すぎ。教育の向上と子供の数は相反する。


マスコミや役所らが、少子化がまるでいけないことのように喧伝するが、為にするためのポーズである。少子化は良いに決まっている。
日本の国土から言えば、日本の教育事情から言えば、少子化は良いに決まっている。

あれはいったいなんだろう。
少子化を問題視することによって、だれが得をするのか。誰にとって損なのか?

かつてチャイナの毛某主席とやらは、世界を共産化するにあたって、人海戦術をとった。産めよ増やせよで、チャイナ人を増やして、弾丸の代わりに突撃させようとした。
それが、すぐに、人口過剰となって、一人っ子政策をとらざるを得なくなった。

一人当たりの生産性が大きくなれば、
人口は、少ないほうが良い。
論ずるまでもないことである。

先進国では、子どもはそんなに増えない。むしろ、適正価格というか、適正人口まで減り続ける。自然の流れである。
各家庭が一人の子どもでいけない理由はない。全家庭が子どもを持たなければならないということも、なんだか変である。


そのくせ、一学級当たりの児童生徒数を減らすという。減らすに及ばない。人口が減ればいいだけのことで、日本の国土面積や技術力、教育程度等を考えれば、今の半分以下の5千万人でも多すぎる。3千から4千万で十分ではないか。


いずれ地球上の人類は少しずつ減るに違いない。生活や教育程度が向上すれば、子供は少なくて良い、むしろ少ない方が幸せなことくらい誰でもわかる。国と国との壁もだんだんなくなるだろう。大国が小国を飲み込んで、人種の混合が進むだろう。


さて、くどいようだが、少子化によって誰が一番損をするのだろうか。子供が増えることによって誰が得をするのか。


行政や、マスコミという名の洗脳機関を、裏で操っている連中の影が、想像できるのではないだろうか。