読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

校舎の窓から落ちる子供。万有引力にまで、文句を言う。

「問題」な子供たち


人間は環境の動物だと言うが、子どもは確かにそのまんま環境の動物である。


雨が降れば、教室でじっとしているべきなのに、そうではない。
ばたばたと落ち着かずに校舎で走り回って遊んで、そのあげく、子供同士がぶつかって頭から血を出して、泣き叫ぶ。
それを大人(教員)は、しかりつけるかと言えばそうしない。びくびくおどおどして、こどものご機嫌をとりまくる。親には、申し訳ありません、と平身低頭する。笑止である。


雨の日はじっと静かにしているのは、これは一種の躾であって、各家庭がすでに、我が子に教え込んでいなければならないことである。
それがそうではない。


自分の子どもに対して、最低限のルールすら教えることができないでいる。




子どもの生活上のことごとを、学校に押し付ける。これを「基本的生活習慣」というのだそうである。ごていねいにも、それを「学校目標」とやらに掲げている学校がある。


ご苦労様。

親は、子どもの不注意やわがままが原因で事故が起こると、学校に難癖つける。

近年、校舎から子どもがよく転落するが、高いところからは、物は落ちるものだということくらい、いくら子どもでも、わかりそうなものである。
足を踏み外す可能性のあるところに、いたずらや不注意で、飛び出して、怪我をするなら、するしかない。
それでも、まだ、学校のせいだというのか。
3階建てだから、2階建てだから悪いと言うのか。窓があるのが、けしからんと言うのか。ついには、引力にさえ、難癖をつけかねない勢いである。