読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

勉強もせず、運動会の準備ばかり。地域へのごますりは止せ。


運動会についてはまだある。


9月は、3学期制の学校では、新学期ということになる(ほとんどの学校は、2学期制になった。その場合は10月が境目である)。

新学期が始まると早々に、学校は常にも増して大忙しである。どうして、ばたばたするかといえば、運動会があるからだ。

運動会という、変な行事が定着して、もう何年になるのだろうか。いい加減に終わりにしたらどうだろう。
あれは地域の人への、無料の演芸会である。サービスである。
子どもを、暑い日中のグランドで、勉強なんかほったらかしで、こき使って、意味不明の踊りに類似した集団演技をさせて、地域の住民に護摩をする。
教える方もご苦労だが、何より子どもが迷惑する。

運動会は百害あって一利ない代物である。
もう止める、と職員会議で決定すればいい。そんな学校は、学校自由選択制になれば、大人気となって、子どもや親が殺到するだろう。
嘘だと思うなら、お宅の学校で、まずやってみたらどうだろうか。

日本の公教育は、惰性で甘えてきた、周りの評判に怯え、振り回されてきたのかが、よくわかるはずである。