読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

親孝行な夏休みの過ごし方。汗をふきふき、自宅で勉強していろ。


夏休みの話を続けようか。


夏休みとはいえ、子どもは忙しい。
忙しいことは悪いことではない。
夏休みはとことん遊べ、と言えば、ちょっとかっこいいが、あれは嘘である。
多くの子どもにとっては、ほうっておかれるだけのことである。
実は、子どもは暇をもてあましている。

欧米の親は、長い夏休みは、我が子をサマーキャンプなどに入れて、やっかい払いをする。
あんなのに始終、家にいられてはかなわない、というわけである。

夏休みは、猛暑で勉強できないなんてことはない。第一、多くの家庭では冷房がある。冷房がないところでも、赤道下ほど暑くはない。

ぶらぶらせずに勉強しろ。
勉強以上のことができる連中は、これは金持ちの子どもの特権である。カナダ・ニュージーランド・オーストラリア等への短期留学、海外旅行、学習塾の夏期講座、各種運動の合宿などなどの名目で、遊び呆ける。
子どもはだから忙しい、などというが、ならば忙しい子どもは幸せ者である。あるいは穀潰しである。すべてに半端ではない費用がかかるのである。


日本の多くの家庭は、それほど金持ちではない。または、金は持っているが、使い方が下手である。根性がいつまでも貧乏なのである。


「夏休みくらい、ふだんできないことをしろ」、「本を読め」、「自然な中で遊べ」等という。
安上がりだからである。


時間を有効に潰すにも、金次第なのである。


子ども達よ、自分の部屋でせっせと勉強しろ。それが一番の親孝行な「夏休み」だ。