読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

学級担任の守備範囲を守れ。何にでも首を突っ込むダメ教員と選挙民。


子供にいろいろあるように、教員にもいろいろある。
その子に合った教員はどこかにいる。

何にでも手取り足取りの、親代わりのような教員もいる。親は甘えて、そんな教員が「いい先生」だと、勘違いする。
教員は学級の子供の親ではない。なるべきでもないし、なれるはずもない。



しかし、日和見文科省諸君と地方の子分とは、無定見である。票さえ集まればいいのだから、有権者である親を甘やかす。教員に親の真似事をさせて、選挙民のご機嫌を損なわないようにさせる。


ついでに言うなら、小学生の場合、家庭できっちりと最低限の躾ができていない子どもは、たとえ、ごくまれに良い教員に当たっても、十分に伸びない。
子どもが伸びないばかりか、その子の親は教員を批判したりする。自分の子どもへの躾が不十分なことは棚に上げて、教員に伸びない原因を見つけようとする。



だめな子はだめである。これは厳しいようだが、言っておく。
なぜ、だめかと言えば、親がだめだからである。


子どもと親とがきちんとした生活習慣を保っていなければ、教員は、学校で子どもの乱れた行動に、対応できない。対応するべきでもない。
時間の無駄でもあるし、他の子どもへの迷惑でもある。


教員は、学校という戦場での守備範囲を守る。それこそが良い教員である。
家庭に口出ししたり、頭を突っ込むのは、お粗末テレビドラマの中の教員役だけで十分である。