読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

英会話は、時間の浪費だ。日本語で話せ、日本語でな。

英語学習


英語を得意がって話しているが、なんのことはない、その内容は、昼何を食べた、という程度である。

話すべき内実を持っていないのに、口先だけの単語を転がしても、馬鹿にされるだけである。
その証拠が、アメリカ人で、世界中で、英語の通じないところがない。教養もなく勉強もしないアメリカ人でも、英語が話せることだけで、大きな顔で、のし歩いている。
正直言ってウラヤマシイ限りだが(会話ごときを、時間をかけて学ばなくてもいい、というのは、きわめて幸福である)、しかし、話の中身は上っ面で浅い。
「コーラください」レベルである。

で、何が言いたいかというと、英語は世界の共通語になった。すでに動かしがたい既成事実である。日本人として、どのように英語を利用すればよいかである。

まず、会話は一切しないほうがいい。英文を読めることを第一優先にすべきである。その次には、英作文であるが、どちらにせよ、遅かれ早かれ自動翻訳の精度は徐々に上がると思う。

やはり日本語である。日本語の使い方を、もっと訓練するべきだ。日本語が先で、英語の読解は、その後に続くのである。
都合のいいことに、この両者は両立できるどころか、互いに補足しあう。英語を学ぶことによって、日本語の上達が促進される。


ただし注意すべきは、会話をやっては駄目だぞ。あれほど効率の悪い、「勉強もどき」は滅多にない。程度は低いくせに、実際の時間はとてつもなく浪費する、イケナイお遊びである。


英会話、大反対と言いたい。