読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

自分を守る教員。台風の翌日のメール。利用されるだけ利用され。。

させていただく


メールを紹介する。小学校のPTA(保護者)である。

ーーーーーーーーーーーーーー
先日大きな台風が来て、市内の小中学校はすべて休校となった。
翌日、その保護者が所要で学校に行ったとき、校長に、
「昨日は先生方のお宅も大変だったでしょう」というと、
すかざず校長は
「いいえ、職員全員、朝から午後7時まで学校につめていましたから」と妙に力んで説明する。そんなことを聞くために、尋ねたのではない。

休校になった学校に教員が出てきたからといって、全然、自慢にならない。
児童生徒のいない学校は、学校ではない。さっさと帰って、自宅の周りでも点検するがよかろう。
第一、最初から学校に来るな。台風で、大して技術もありそうもない教員達が、校舎内にいなければならないほど、学校は脆弱なのか。
だとしたら、ふだんから危なくて、子どもを通わせられないだろう。台風の朝や夕方に、教員にちょろちょろされたら付近の交通の邪魔だ。
ーーーーーーーーーーー



どうしてこんなことになったのか。
自信がないのである。教育に自信がないのである。流行語で言うと、アイデンテティが揺らいでいるのである。
だから、ひたすら、一生懸命やらせていただいています、というポーズを示すことによって、自分を守るのである。哀れというも愚かである。


その大元は、教育に骨がないからである。骨とは何か。大きくいえば、道徳、つまりは愛国心の問題だろう。歴史ともいえる。
教員の後ろに日本国への愛国心というか、国という概念があれば、それを背負った「教員」である。誇りも出れば、背筋も通る。

戦後、シナやソ連やアメリカ他白人種の作戦にまんまとやられて、日本は、骨抜きになった。今も変わらない。他国から見れば、これほど料理しやすい相手はいない。
道路も学校もこれほどお粗末なのに、近隣諸国をはじめ世界中に、金をたっぷりとくれてやってる。
諸外国は当然のように「受け取ってやる」。それを元手にして、日本への攻撃準備(必ずしも武力のみではない。経済文化教育すべて)をしている有様だ。

お話もどって。
教員よ、ことさらに威張れとはいわないが、少なくとも卑下する存在ではないことくらいは自覚したらどうか。

内に威張って、外にはびくびくの校長たちも、あと少しで定年である。最後ぐらい、少しは、気骨を見せるかと思えば、ますますヒラメになる。もともと骨がないのか。とすれば、ヒラメですらない。