読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

公立の小中学校を自由に選択する。競争があるから進歩がある。学校を競争の中に叩きこめ。


公立中学校の学校選択制度が定着した。
行きたい学校を、保護者や児童生徒が自由に選ぶのは当然である。
その一方、義務教育とはいえ、公立中学校もまた、入学者を選ぶのも当然ではなかろうか。だったら、遠慮なく、選んでくれ。

選択制にするのはいいが、無理は禁物だ。実力以上のものを出そうとしたって、元からないのだから、出やしない。
これは子供や親に言っているのではない。学校に言っている。

まじめだけが取り柄のような教員や教育事務所(別名は教育委員会)は、地域からの評価だとか、協力者会議だとか、児童生徒による授業への評価だとか、点付けごっこのまねごとをして、ほっとする。


そんなことをしなくてもどうせ実力はすぐわかる。ばたばたするな。
無理をせず、普段通りのことでいいのである。自ずから、評価は定まる。


協力者なんていらない、と突っぱねるがいい。学校管理者は、地域と仲の良いままで、退職しようなどとを夢を見るんじゃない。器でもないのに無理するな。
バランスシートは、どこの分野でも必要である。均衡の上に立つべき学校が、役所に操られたり、教員組合に押しまくられたり、保護者やその取り巻きに左右されてはならない。力のバランスを利用しながら、危うい航海をして行くのが、学校である。修道会を見よ。




ところで、学校選択について、各種の教員組合が恐れているのは(または、その振りをしているのは)、「競争激化」ということだ。競争はどんな社会にもあるし、進歩の条件だから、望ましいことだ。。 
惜しいかな、教員は競争を恐れすぎる。競争に負けたからと言って、明日がないわけじゃない。そもそもが、学校教育は売り上げを競う場所ではない。
だから、競争とはいっても、大したものではないのである。枕を高くして寝ていろ。そして、目前の児童生徒に、しっかりと学業をたたき込めばよい。


それで十分だ。