読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

教員の指導力について少々。続き。「遅れがちな子の指導」という逃げ口上


不思議なことに、熱心に授業をし、児童生徒に学力を本気でつけようとする教員は、一部の保護者や教員から陰に日向に非難されるのである。
「遅れがちの子どもに目が向いていない」とか、「学校全体の授業進度を無視する」とか、「学習成績で子どもを見るのか」などである。

卒業式等のために、国歌の練習をさせると、保護者が国旗国歌に反対の立場をとっていた場合、匿名電話等でその教員を中傷非難したりすることがある。担任教員の些細な言動が、攻撃材料として使われることになる。


というのも、国旗国歌に関しては、法的に決着済みなので、解釈論ではかなわないとみて、ごく些細なことで攻撃してくる。結果的にその教員をつぶすのが狙いであるから、あることないこと、学校や教育委員会に抗議する。


教育委員会は苦い顔をしながら、学校長に連絡する。校長は教員へ怒りをぶつける。こうしてようやく、教員へ圧力をかけることに成功する。奇妙な循環を経て、一部の親による教員への嫌がらせや憎しみは、満足させられる。


これを見ても、諸外国(主に米中ソ連朝鮮)の戦略は、長期にわたっていかに日本に浸透したかがわかる。
教育現場では、利権団体まで関わってきて、複雑怪奇な様相を呈する。
教員は、自分の指導力不足、学力不足を都合よく隠す。自分の子どもと他人の子どもとの能力差を見たくないという親心や、逆に、自分の子どもが他の子よりも優れていると信じている場合は、過度な露出欲も加味される。


公立学校では「学力向上に熱心な授業、競争、受験、学習指導要領」などと言う言葉はほとんどタブーとすらなった。



  --------
という意見である。今は、もちろん、学校を取り巻く状況はずいぶん変わった。
少しは安心して良いのだろうが、大きな心配もある。公立学校全体の学力が落ちてきて、いずれ滅茶苦茶なことになりそうなことである。