読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

ダンスも英語も、みんな小出し。いつまでたっても、ちんぷんかんぷん。

英語学習


日本人の英語力が低いというが、統計など持ち出さなくたって、自分自身を振り返ればすぐわかる。
英語を嫌々とはいえ、十年以上も学校で、「体系的」に、学んできたはずなのに、会話はおろか、手紙はおろか、簡単な英語雑誌ひとつスラスラ読むことができない。
それもそのはずで、中途半端な水で薄めたような英語授業らしきものを、小出しに習ってきただけなので、すぐに忘れる。


学習には集中が必要である。短期間にひとつのことに没頭して、それで初めて、ものになるなら、ものになるだろう。




社交ダンスを例に出す。


あれなども、受講者を講座につなぎとめるために、主催者側が、わざと習得を困難にしているとしか思えなかった。
というのも、週一回わずか一時間で、その中に、ワルツ・ルンバ・タンゴ・サルサ・チャチャチャなどを数分間ずつ押し込める。


習うほうは何がなんだかわからない。かろうじてその中のいくつかのステップを、ほんの少し理解したような気になっても、次の週にはまったく忘れている。


またもや最初から出直しである。こうして、受講者は何期分も月謝を払う羽目になるのだが、それでも、ダンスの腕が上がった人を知らない。

英語教育も同じことで、小出しに薄めた内容をだらだら続けているために、全然、身につかないのだ。
「英会話の時間」だなんて、幼児のような片言を、授業で中学生に言わせている。生徒も馬鹿馬鹿しくってやる気も出ない。「ですいず ぶっく、ひいいず もんき」なんて、教員を指差して廊下で笑っている。



いい加減にしたらどうだ。
先日も言ったように、義務教育では、文法、読解、作文を、集中して鍛えればいい。そうすれば、生徒も少しはやる気が出るだろう。少しはそれらしい「英語力」がつくだろう。
彼らは、愚かな「猿」ではない。