読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

登下校は、危険な賭けである。子どもの安全確保は親の領分。

させていただく


学校は学校外の事ごとに関係してはいけない。
家庭が甘える。行政が甘える。

学校は学校内での教育に専心すべきであるし、それしかできないはずである。授業で子どもの学力をつけるのが仕事で、それ以外は枝葉末節である。


通学は、どうしたところで、一つの賭である。


歩道を歩いていても車が突っ込んでくるかもしれないし、誰かに連れ去られたり、刃物で刺されたり、拳銃の類で撃たれたりするかもしれない。すべて時の運である。あるいは治安の問題である。
地雷がないだけましである。
そう考えるくらいでちょうどいい。


それが心配なら、親が校門まで送り迎えするべきである。それしかないだろう。


校門の外で起きた生徒の交通事故を学内の職員室から見ていた教員たちは、誰一人席を立たなかったという。校門を一歩出れば、学校と生徒の間の、法的な責任問題は終了する。それを曖昧にすると莫大な訴訟判断の餌食になる。これはフランスのことなので、日本は関係ないと言う人もいるが、不見識である。


通学が、子供にとって危険極まりないことを知っているので、たとえば、アメリカは大人が子供の送り迎えをする。


下校時ともなれば、学校の前は迎えの車でいっぱいである。または、着色したスクールバスで自宅の前まで乗っていく。


ふらふらと小さな子供が家まで一人で帰るなんてことは、日本とシンガポールだけの特権である。それに甘えているからには、相応の危険を子供と親とは、覚悟するしかないだろう。