読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

馬鹿丁寧な教員の言葉遣い。世間に蔓延する「~してくれた」「させていただく」の病巣のひとつ。

させていただく


どう考えても、近頃の公立学校の教員の、児童生徒への言葉遣いは異常である。

たまに授業を参観してみると、聞くに堪えない。


子どもに教科書を読ませる。たった三行でも読み終えたら、すかさず教員が、「読んでくれてありがとう」。
手を上げたら「ありがとう」。「がんばって手を挙げてくれたね」。 


相手は馬鹿か?


学生が、授業中、突っ伏して、ふて寝してたら、教員はそばに駆け寄って、「何々君、ね、がんばろう」だって。
何を御丁寧に頼んでいるのだ。そんなガキは、椅子を蹴飛ばしてやれ。


生徒が、あくびをしたら、「あと少しで休憩時間よ、がんばろうよ、ね」だって。


児童生徒は、いったい何様なんだ。


まるで、授業にお付き合いくださって、ありがとうございます、の世界である。


これでは、子どもがつけあがる。ついでに、子どもの背後にいる親も、つけあがる。
分際を知れ、分際を。


世間も悪い。テレビも悪い。「何々してくれた、何々してあげる」とペットの犬や、庭の雑草にまで、こんな言い方をする(NHKの趣味の園芸、とやらに多い)。雑草をぬいてあげる。犬に食事を作ってあげる。


子どもが、宿題をしてくれた。おはようと言ってくれた。
雑草が今年は少ないままでいてくれた。
犬が朝食を食べてくれた。


テレビやラジオでの、子どもへの言葉遣いが、丁寧過ぎて気持ちが悪い。

教育は、ある程度の権威が必要だ。
師も弟子も、教員も児童生徒も、同じ様な扱いでは、駄目である。児童生徒の健全な成長を阻害することになるだろう。

それにしても、傲慢でわがままで不安定で、実りのない自負心ばかりが蔓延している。
学校現場は、すでに、なす術がない。


それでいい、それしかない。所詮、学校である。