読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

授業は、NHKテレビ番組で学べ。高齢者と教育番組もどきが、NHKの生き残り作戦の骨子。

NHK 日本放送協会


教員の指導力を高める、とかで、各地で色々な「取り組み」がされているようだ。


授業が上手と「評価」されている中学校教員の、実際の授業の一部を、N某局で放送していた。

「子どもの注意をひきつける」のだそうで、まずセサミストリートの真似事をする。チョークを使わずに、磁石つきのカードをべたべた貼る。
挙句の果てには、発言があった生徒に、ワッペンまで与える始末である(よく発言できました・・という意味らしい)。


 


仮にも相手は中学生である。馬鹿にするのも、ほどがある。


もっとも、生徒も生徒で、どんよりにごった眼で、学習に対する意欲があるようには見えない。座って、誘導されているだけである。

教員が下手な踊りをおもしろおかしく踊って、一瞬でも踊りが受けると、へへっと笑う、それがすなわち、生徒の興味を引き出し、指導力のある授業だ、ということであるらしい。

どうにもこうにも、日本の教育は、憂慮する事態に陥っている。
教育関係者が気づいていないのなら、鈍感というより想像力の欠如である。

近年、授業は、テレビゲーム感覚で、お客さんに楽しんで見ていただくべきものになった。

ついでながら、N某局が教育関連の番組に熱心なのは、視聴者離れを防ぐための策略でもある。


視聴者は人の子の親が多い。親ならば、みんな子供の教育に関心を強く持つのは当然である。
かつて、テレビ局は、百マス計算とやらで、陰山某を、売り出した「実績」がある。
「自社」のメディアの操作によって、流行を簡単に作り出すことができる、と味をしめたのである。親や子供に、「教育に強いNHK」と、強く印象付けた方が今後とも有利だからだ。

こんな不遜で、馬鹿なことを平気でするのも、NHKの製作スタッフが、ほとんどが戦後生まれの、似非(エセ)民主主義のどんぶり教育を、たっぷり浴びて育った連中ばかりだからだ。彼らは、教育とは、「こんなものだ」と考えている節がある。



教育を、「低劣で、品がなく、お遊びばかりで、場当たりで、忍耐なく、短絡的で、学力をつけず、自分の頭で考えないように、外国に依存し、外国羨望のままであるように」しておきたい。
NHKの隠れた「ねらい」は、こんなところにあるのだろう。




少し補足する。


高齢者がますます増える。この世代は、前も今もこれからも、NHKのよい御客さんであったし、あるし、あり続けるだろう。N某は、だから、あの体たらくなのである。詳しくはあなたの方がご存じだろう。