読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

学校は託児所なのか。学校給食が、誤りの始まりである。


戦後、学校給食が始まって、学校は託児所へ転落した。


食べることは、人間の基本である。その基本を学校が丸ごと面倒を見たものだから、各家庭は、学校へ子どもを丸投げしていい、と勘違いした。

食べることぐらい、家庭で面倒見るべきである。それが親の最低限の務めだろう。

どの親に尋ねても、学校給食廃止に賛成する人は、めったにいない。
逆に、行政関係、特に国レベルの財務関係者は、口をそろえて学校給食はすぐに止めたいと考えている、という。

だが、母親には選挙権がある。彼女らが、学校給食で楽をして、にんまりだから、
議員も、おいそれとは動けない。


学校での子どもの昼食を、すべて母親に作れとは言ってない。どうせ無理なんだろう。


子どもには、家庭の責任で、自由なものを食べさせてやれ、味のあるものをたべさせてやれと言っているのだ。弁当でもいい。地域の料理屋からの出前でもいい。あるいは、私立学校が得意とする校内食堂を作ってもいい、ともかく、食べる事に関して、学校が強制的に子どもに一律に押し付けるな、ということが言いたいのだ。


それは、家庭から、教育の重要な子育ての第一歩を奪うことにもなる。それのみならず、日本国民の大切な味覚を破壊して、コンビニ弁当並みの味しか、わからない人間を、量産してしまうからだ。