読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

東京大学、解体するのはいつか。ついでにNHKも解体すべきである。


東京大学は、残念な大学である。
今どき、東大を「最高学府」などと考えている人はいないだろうが、昔は、大学が少なかったから、田舎から東大を目指す人が多かった。
たくさんの学生を抱えていれば、中には、まれに優秀な人材も出ることがある。


過日、某大手新聞社の男と話していて、社風を厳しく論難したら、いいえ、社にもいろいろな人がいるから、などと口答をする。


組織が大きければ、様々な考えの人がいるのは当然である。しかし、紙面に出る記事は、デスクの判断で決まる。デスクの思考が、偏向している事実には変わりがない。

大学も同じことで、東大にも、まともな人がいるよ、では通用しない。
金を一番ぶんどっておきながら、反日で、偏向教育を進める教員が多いことが、問題なのだ。
東大は税金を食いすぎである。予算に見合った業績はないくせに、国家の独立や興隆を嫌がって、国益を損なうことには、とりわけ熱心だ。おまけに時流に乗って、他国にすり寄る傾向がある。
まったくもって、トンでもない連中である。

東京大学を、解体処分することを提言する。暇人の巣窟であることの他、以下の解体理由も加えよう。
 「老朽化による競争力低下の予想と保有資産の活用再検討の必要性を理由に営業終了」(旧 赤坂プリンスホテル


 
ついでに言うなら、NHKと称する独占企業も怪しすぎる。あれは、ご都合主義の反日組織である、あるいは諸外国の指示通り動く扇動組織である。
理由は、すでにご承知だろうから書かない。