読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

最低の国語教科書。読むに耐えない悪文多し。

国語教科書


近頃バスに乗ることが多いが、沿線に大学がいくつもあるので、学生が乗り込んでくる。他の客などお構いなしに学生同士で大声で馬鹿話をする。
それは勝手だが、その言葉遣いが聞くに耐えない。
内容が幼稚で破廉恥なことは大目に見てやるが、話し方は、なんとかならないものか。

品ある言葉遣いは、幼児でも、できる子にはできる。
まして母国語が一応確立する10歳前後には、美しい言葉遣い、発音、発声、抑揚は、わきまえていて当然なのである。
それができないのは、なぜか。 

どうせ二流の大学の学生だ、と思ってもらっても困る。そう馬鹿にしたものではない。簡単には入れない(らしい)。
そうすると、言語環境というか、国語教育というか、何かの問題があるに違いない。

原因は、近年の腐った国語教科書にあると思うが、見るが、多くの人はそうは思わないようだ。
教科書は教科書だ、と信じている。

では、小中学校の国語教科書を、試みにどこの会社のでもいいから、見てごらん。
あれが、小中学生に学ばせるべき文章かどうか、静かに考えてごらん。
言わんとすることがご理解いただけるだろう。





近年の国語教科書は、編集委員と称するボスと、その取り巻きと、利益優先の教科書会社の営業とが、結託して、でっち上げた代物である。 

何をそんなに腹を立てているのか。そう、掲載の文章に腹を立てているのだ。

昔、永井荷風は、教科書会社から、貴殿の文章を教科書に載せたい、と打診されると、教科書なんてとんでもない、と断ったという。
今の自称、作家というか物書きというか売文というか、その連中は、どうやら、荷風先生以上の逸材と見える。

この際だから言っておこう。教科書は、即刻、一般会社への委託自由とし、各学校が制限なくそこから選択できるようにせよ。
中には、まともな感覚で、名文を選び、内容のある教科書を遠慮なく作る出版元もあるだろう。
なければ、今時のことである。優秀な教員の何人かにやらせてみるがいい。ワープロとプリンタとで、瞬く間に、本物の「教科書」を作り上げることだろう。