読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

学校は企業経営と違う。教室にいるより、管理職になりたがる連中ばかり。

教育委員会


企業と違って、営業や経営の重要性は、学校にはない。
このあたりの事情がわかってない。


学校の管理や経営は、些事である。
現場が大切であって、管理者は必ずしも重要ではない。


現場とは何か。


教員と児童生徒である。それがすべてであって、その他は、付け足しである。


ところが、肝心の現場の教員は、どういうわけか、管理職に少しでもはやく、なりたがる。給料が少し増えるのと見栄とのためで、人間の素直な気持ちとしては理解できなくもないが、教育活動そのものからみると、邪道である。


というのも、いわゆる管理職になってしまうと、昨日まで授業が下手で、冷や汗をかいていたことはきれいに忘れて、鼻高々で自慢げになる。現場の教員に対して、一歩高いところに立ったような気になってしまう。


一昔までは、管理職は、教員集団からの攻撃があって、それなりに謙虚さを持ち合わせていた。しかし、不景気の影響で公務員への風当たりが強くなり、その結果、教員自身が世間にポチのようになった。しっぽを振って、わんわんである。


その反作用として、管理職側は妙に強くなった。もう天下を取ったような気持ちになっている。


一挙に行政万歳、管理職万歳になってしまったのである。


だからといって、自然消滅しかかっている教員組合が、奇跡的に盛んになって、どんどん管理側と敵対せよ、と言いたいのではない。


今のように行政が強すぎると、現場教員の立場が相対的に悪くなり、結果的に、実際の教育活動がお粗末になってしまうことを心配しているのである。


繰り返しになるが、学校の中心は現場の教員である。
校長教頭でもなければ、もちろん教育事務所でばたついている指導主事諸君でもない。


にもかかわらず、近年の不景気風に煽られて、教育現場にも、管理する側にとってまことに都合の良い風が吹いている。


世間の風が変わった、という、殺し文句が使える。


この傾向は、まことに危険である。