読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

近ごろの学生は熱心に勉強する・・らしい。

大学の授業


ひと頃に比べると学生はよく勉強するようになった。


不景気で、就職難だからだろうか。


就職のための準備は、学部2年の後半くらいから、始めなければならない。そうでないと、就職浪人になる可能性が高くなる。

現代では、大学を出ても、特に有利とも思えないが、個人に特殊な能力がないなら、大学卒の方が仕事にありつける、と思いたいのが人情である。
そう都合よくいくものかどうか。


大学で何を学んだのだろうか。あの教員連中からである。ろくなことは何も教わってないだろう。


大学教員は内心で、「大学は研究するところだ。手取り足取り教えるところではない」なんて、数十年前に流行った逃げ口上がまだ通じる気でいる。


しかし、大学も所詮、学校である。幼稚園と同じように各種「学校」の一つでしかない。通ってくる子どもが歳をとっているだけである。


教えるべき教員が、教え方が下手、または、教えるべき内容を自分でもよく把握していない、そもそも教育活動そのものから逃げている場合が多い。


ろくな論文も書くことができないくせに、「研究者」が聞いて呆れる。