読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

安心安全な学校。マスコミと政治の利害得失と人間関係。

学校のから騒ぎ




学校は、学業を教えるところであって、躾の道場ではない。

なぜ、こんなことを言うかというと、「勉強は塾で、躾は学校で」と本気で信じている親がいるらしい。これは性質(たち)の悪い冗談だろうと思っていたが、実は冗談でなく実際にたくさんいることを、現場の教員から聞いたからである。

学校を馬鹿にするにもほどがある。
子どもの人品は、育ちで決まる。または遺伝で決まる。
ついでに言えば、道徳教育を、学校ごときに押し付けようなんて、どうかしている。砂漠の真ん中で、雪合戦を試みるようなものである。

道徳は、宗教なしでは不可能である。あるいは道徳が宗教そのものであり、宗教が道徳そのものであると言っていい。

宗教を否定すると、それは共産主義将軍様が、まるごと宗教になってしまう。すなわち生き神様であり、偉大なる首領様となって、特定の人間の気まぐれや残虐行為が、すべて道徳となってしまう。

学校は、まず学問を教えるところである。このことは何回言っても言い過ぎではない。
道徳は、親が、家庭が、社会が教えるのである。それが
困難であることと、だから安易に学校に任せようとすることとは、別問題である。

もう少し言おうか。
親の意識が変わったと言われる。だから学校も変われ、などとまことしやかに喧伝されるが、いかがなものか。
親の意識が変わったのではない。親が、自分の不平不満を学校に投影しているだけである。

小学校では、5年生になると、野外活動と称して、キャンプの真似事する。二泊三日で、公共施設に泊り込む。この引率が嫌で、5年生の担任のなり手がいない。校長も団長として行くのが当然だが、行きたくない。会議だとか何とかで、用事を作って、教頭に行かせる。
それはそれとして、野外活動で、子どもが、怪我をしたとする。以前なら、ご迷惑をおかけしました、落ち着きのない子どもでして、と親が謝る。
今は、まったく逆で、学校の安全教育はどうなっている、怪我防止の事前指導は十分だったのか、活動の安全妥当性は確認したのか、等々、親が居丈高に噛みついてくる。

お笑いである。
何がお笑いかと言えば、噛みついてきたら、振り払えばいいものを、平身低頭、お涙ちょうだいで、教員は平謝りする。
腰抜けもここまで来ると保身の鏡である。


教育だからといって、安全では全然ない。お宅の家を一歩出たら、何が起こるかわからない。そんなに心配なら、首に縄付けて押入に押し込めておけ、と怒鳴りつけたいところである。

子どもは、四六時中、安全ではない。毎日の行動が、事故になるのかならないのかは、一種の賭みたいなものである。
学校事故で、たとえば、不幸な結果になったとしたら、それも運命である。先のことは誰にもわからないからだ。
学校は危険がいっぱいである。そのくらいの覚悟はしておくがいい。


しかしながら、明らかに学校関係者のミス、教員、管理者、委員会等の人的ミスで、児童生徒学生の不幸な事件事故が起こっているのも事実である。この場合は、表に出るかどうかは、政治とマスコミの利害得失、関係者の人間関係によってきまることだろう。