読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

国語嫌いを作る「教材文」

paru 2

国語嫌いの原因は、教材文がひどいからである。

国語の教材には、日本の古典、漢文の他に「現代文」がある。昭和になってから書かれた文章のことである。
教材の現代文は、よい文章ばかりとは限らない。つまらない文章がある。これでも日本語かというような、ひどい文章もある。

その文章を細切れに、微に入り細に入り、読み解いていくのだから、ご苦労なことである。子供は、中学三年間、高校三年間、そんな授業を受け続けていると、ほとんどの子は、国語が嫌いになる。

中学、高校、大学の国語の入試問題を調べてみたことがある。
中高大学と、問題文がどんどんひどくなる。何を言いたいのか分からない文章の連続である。
簡にして要を得た文章は、そもそもが問題に使えないのだろう。希代の悪文を選んである。悪文を読み解くのだもの、誰にも難しいに決まっている。難しければ、入試問題として最適である。悪文読解の訓練に、中学高校の国語は費やされている。

文章は、分かりやすく、一読して、さっと意味が分かるものがよいのである。読書百偏意自ずから通じると言うが、百偏読まなければ通じないような文章は、現代文ではない。暗号である。現代文は、そもそも百回の通読に耐えない。

現代文の問題作りは難しい。定期試験の度に、中学や高校の国語教員は、数学教員を羨む。
数学はいかにも、問題がすぐできる。採点も短時間で可能である。次には、物理、化学、生物などの理系教科が、その次には、歴史、経済などの社会系教科が楽である。ちょっとの工夫ですぐできる。



国語科は、そうはいかない。
問題作りに、七転八倒である。夜中の二時三時までやっても、まだ不安である。おまけに採点が面倒だ。夜なべの連続である。

国語は日本語を扱う。中でも現代文は、現在の口語を扱っている。
言葉は思考の道具であるから、疎かにはできない。
指導の難しさで教員が苦しむのは勝手だが、肝腎の子どもが苦しむのはよくない。

現代文は、毎日、聞いたり話したり、読んだり書いたりしている。学校の授業で、実際生活と馴染みがもっとも深い教科である。それが、難解で、おもしろくなくて、嫌になってしまってよいのだろうか。
一読してさっと分かる、簡潔で明快で、品位のある文章を取り上げてほしいものである。リズムのある文章を、楽しく学ばせてほしいものである。国語嫌いが増える原因が、教材文にあることは明らかである。