読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

英語重視は亡国の兆し。米人フリーターを雇う。


子供をおだて上げるあまりに、教員の立場は、相対的に下落した。
立場がないというが、本当にないのである。
ちゃんと場所を確保するには、教員の仕事内容を確認する必要がある。

教員は、要するに児童生徒学生に学力をつけさせればいいのである。
それ以外は、必要ない。

そのためには、教員が持続的に学ばなければならないが、これがなかなか難しい状況なのだ。
たとえば、小学校教員の場合、教えることに自信がない。専門職としてのプライドが感じられない。
そりゃあそうだろう。所詮、子ども相手である。しかも、立派に躾けられた相手である(親を見てくれ)。
授業レベルも、下が見えないくらいに、落ちている。落とさなければならないのだそうである。文科省のお達しである。

教員は、自分の知力や授業力や教養が日々向上している、という実感がない。
「お子様」とその後ろに控える「親」とに、遠慮しつつ、お仕え申し上げることが、主な仕事内容になりつつある。



ついでに言えば、初等中等教育で一番大切な科目は国語なのに、文科省は、日本語を破壊しようと躍起になっている。


あの、誰もが驚くほどの、お粗末至極な国語教科書。
耳を覆いたくなるような、発表会と称する、やらせのパフォーマンス。おまけに総合学習とやらも、児童生徒の発表もどきをさせたがる。


見てはおれない、聞いてはおれない。惨憺たる、とはこういうときに言う。


源氏、平家物語、徒然、方丈、舞姫、李陵等々、日本語の名文をこそ、暗記させ暗唱させるべきなのに、たまにそれを学ばせようとする奇特な教員がいたら、保護者も行政もよってたかってつぶそうとする。
彼らには、お粗末な教科書の駄文の方が、よほど大切なのである。


しかも、近年、国語を押しのけて、外国の言語を広めようとしている。大方、大勢のアメリカ人フリーターを日本の税金で養ってやるための、日本政府や財界お得意の姑息な手段の一つなのだろう。