読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

頼んでまで教育して、世界トップレベルの学力を目指そうだなんて。

学習指導要領


十数年前のこと。例によって文科省が下手をして、子どもたちの学力を下げてしまった。


あわてた文科省の役人が、「世界トップレベルの学力を目指そう」などと、各県の教育長を集めて話したことがある。

自分でやっておいて、とぼけている。

ゆとり教育」だの「生きる力」だの「総合的学習」だの、日本の公教育を、幼稚なキャッチコピーでガタガタにしておいて、今度は、手のひらを返して、学力優先、と言い出す。
学校が学力をつける場所なのは、有史以来当然のことである。それを壊したのはいったい誰だったろう。



お話変わって、大人は、子どもに勉強してくれ、なんて頼む必要はない。
しかし、頼んでいない大人は、ごく少数で、日本全国津々浦々、家庭でも学校でも、「お子様」に、勉強していただくために、平身低頭して汗だくである。
子どもは、いったい何様だ。

いいか、児童生徒学生諸君(近頃は就職難なので、学部3年4年生に限っては、少しは勉強するようになった)、昔は、背中に背負った袋の豆を食べ食べ、遠い京の都まで師を訪ねて行って、半年間、教えを請うた。後の半年は郷里の田舎で農作業をして次の上京と、学問へ思いを馳せた。これが勉強するということだ。

子どもに、頼んでまで、勉強を教えてやる必要はない。
大人は子どもに対して、親切すぎる。
小中学校、高校大学と、児童生徒学生に対して、親切というより、お節介の度が過ぎている。異常である。

たとえば、小中学校で流行っているのが、「わかりやすい授業」だそうだ。こんな戯言を言ってると、児童生徒自身の怠慢や我が儘にすぎないことまでもが、正当化されてしまうだろう。
授業は困難で分かりにくいものである。それが学問である。こう覚悟することが、すなわち、勉強するということだ。

それにつけても、NHKは、相も変わらず、お遊戯のような素人芸を授業と称して放送し、恥じるところがない。