読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

教員が子供を叱っても無駄である。生徒は現代の王様。

「問題」な子供たち


学校で教員が、「問題」の子どもを叱っても、無駄である。指導が入らない。
何より、叱ることは悪いことだと、親は考えている。教員は、親の反撃にびくびくしながら、恐る恐る叱るのだから、迫力がない。
第一、子どもは、教員とは叱るものではなくて、自分達のご機嫌を取る存在に過ぎないと思っている。まことに当を得た判断である。

親からいわゆる教育委員会(まれに学校の校長へ直訴)へ、そこから校長へ、校長から教員へと、苦情が伝わる。
一撃で、教員はぺちゃんこである。なぜぺちゃんこかと言えば、教育委員会には絶対に逆らえない。逆らったら、それは教員を辞めるときである。
教育委員会」という大仰な名前だが、つまりは教育事務所である。そこの職員は、指導主事というたいそうな名前で、これは各学校への指導監督権がある。しかも人事権も握っている。
こんな連中に対して、教員が逆らえるわけがない。

数年前までは、教員組合が逆らった。組合員は、この数年で、不景気を味方にした行政組織によって、根絶やしにされた。

今、各学校の内部は、管理職の天下である。行政職の天下、つまりは指導主事の管理が非常に強くなり、逆らうことができなくなった。
指導主事を操るのは、小役人である。彼らを睨んでいるのは、議員である。議員を表向きだけでも操っているのは、有権者である。すなわち、児童生徒の親である。
親が一番、強いのである。

しかしながら、その親を操るのは、その子どもである。
子どもはなるほど、現代の王様である。気の小さい教員ごときが、王に逆らうことができようか。


できるわけがない。