読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

偏った歴史教科書のねらいは何か。小学校社会

小学校の授業


中学校の歴史教科書の内容について、隣国のシナやコリアから、文句が出たことがあったが、小学校の教科書については、どうなのか。

表立っては文句が出なかったようである。
チャイナやコリアにとって、おおむね都合のよいことが書いてあるからだろう。               

知人から借りた資料によると(ただし、以前の指導要領のもの)、小学校の教科書で、歴史的分野といえば、それは6年の社会科の教科書に、「日本の歴史」と、そのものずばりの表題で出てくる(たとえば東○書籍の場合)。


 内容は、例によって、日本を、太古の昔より卑しめ、あたかもチャイナの属国であるかのように思わせること、また先の大戦に至るまで、日本の対外外交は常に「侵略」であり、指導者たちは常に判断を間違っていたこと。今後も、アジア周辺諸国に対して、ことあるごとに謝罪をすべきこと云々が、手をかえ品をかえて説明されている。特にチャイナに対しては平身低頭である。

一例を挙げようか。「おじいさんの話」の形を取った囲み記事では、


「わたしは、中国大陸で中国軍と戦いました。わたしたちは、広くアジアの人々のためを考えているのに、中国はそれを理解しようとはしないと教えられ、わたしもそうですが、多くの人がそれを信じていました。それなのに、日本軍は、中国の村や町を破かいし、多くの中国人の命をうばったのです。いっぽうで、日本人も大勢戦死しました」
なんという卑しい書きぶりであろうか。これはどこの国の教科書なのか。チャイナは全てよい。日本は悪だ、という観点で書かれている。ご丁寧にも、その横には、女の子の吹き出しで「中国の人たちは、日本のことをどう思っているのだろうか」と言わせている(東○書籍『新しい社会6年上』)。
答えは「不快。ひどい。残酷、うそつき」等々を予想している。
子どもが言わなければ、教員が言って聞かせるのだろう。


 


ここから、授業では何を導くか。
「日本はこれからずっと、チャイナに対して謝罪し、経済的に援助を続けるべきだ」ということを、子供に教え込みたいのである。

開いた口がふさがらないとはこのことである。まったくどうかしている。このような教科書が採択され、しかも実際に日本の小学校で教科書として何年も使用されている。

採択者たちは、どう責任をとるつもりなのか。それとも、本当にこれでよいと考えているのか。だとしたら、恐るべき確信犯であろう。