読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

教育長の戯言。教育は変わらない、変えてはいけない。


子どもが変わった。社会も変わった。
と、誰も彼もが、口を揃えていう。

たとえそうだとしても、だから学校も変わるべきだ、というのはずいぶん変な話である。
少々では変わらないのが、変えてはならないのが、文化伝統である。
学校も一種の文化である。
それが無闇に変わってどうする。

過日、地方都市で教育長をしていた男が、旅のついでに、海辺の町の中学校の授業を参観した。そして授業後、感想として、こう言った。
「私が授業を受けていた50年前と、やってることは同じですな」
それを聞いて、関係者一同、反省すること、しきりだったとか。

馬鹿だな。反省なんか必要ない。
50年前と同じで大いに結構。
何年たっても、児童生徒と教員の関係、学校の存在、教え学ぶ関係、それは変わりはない。

元教育長の言ったことは、年寄りの戯言と、笑っていればいいのである。気にするな。

教育関係者は、常に自信不足で、しかも不安である。
教育行政に関係する人々、教育事務所(教育委員会)の職員は、寄って立つ場所がない。実践がないからである。

たとえ教員経験があって、それなりの知識を多少持っていたとしても、やっぱり腰が定まらない。

彼らばかりではない。
先の大戦で負けて以来、進駐軍
1946年憲法共産主義、為にするマスコミの洗脳、その時々で、国民の意識は揺れに揺れて、敗戦後のGHQ支配が呪縛となってしまった。
その後遺症は今も残っている。

以上のように言うと、不勉強で、しかも「歴史認識」とやらが苦手な大方の教員は、顔を顰めるだろうが、教員たるもの、少しは勉強したほうがよい。
採点と授業の準備で追われているばかりでは、世間がますます狭くなる。
ここで言う世間とは、私たちを取り巻くテレビラジオ新聞雑誌、同僚その他の言説のことではない。
現実の社会に日々起こる物事を、根本から自分で考える態度のことである。

昭和の時代、司馬某という新聞記者上がりの作家が売れて、売れすぎて、国民の常識にまでなった。
どんな常識かといえば、日清や日露の戦争までの日本人は偉かった。明治維新は立派だった。吉田松陰坂本龍馬等々は維新の英雄である、とかの決めつけである。
あれは単に若手のテロリスト達だったという見方もある。明治維新がそんなに偉いことなのか。鎖国と呼ばれている状態が、日本にとって悪かったのだろうか。徳川の治世は日本の幸福な時代ではなかったろうか。
何事も、多面的に考えなければ、結論は出ない。多面的に考えるには長い年月を書物とともに体験しなければならない。
誰かの口真似で信じ込むことは危険である。新聞テレビ雑誌は他人の考えである。自分に都合よい言説を押し売りする。国民はそれを喜んで買うのである。
だから、古人は、新聞は国を滅ぼす。一度ならず二度三度と滅ぼすだろう、と言ったのである。

明治の人が日本人なら、江戸も鎌倉も、平安時代も日本人である。
日本には日本の教育がある。みだりに変えるのは心なき業である。