読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

「荒れた学級」を放置。問題な子供には知らんぷり。

「問題」な子供たち


落ち着きのない学級がある。
児童生徒が問題行動を頻繁に起こす学級がある。俗に言う「荒れた学級」である。
そんな学級ばかりの学校がある。指導困難校などと呼ぶ。


日本人は、子供を本来的に善とみている。
子供は可愛い、無邪気である、天真爛漫とまではいかないが、ともかく、邪悪な存在とは思わない。そして実際に、ほとんどの場合、子供は善意なのであろう。

学校でも同じように、教員は児童を純真な天使と解釈する。
教員は、児童生徒に悪意を持って接することはない。あったとしてもごくごく例外である。
ならば、善と善とが邂逅したのである。まことにめでたい。

しかし、現実はそう簡単ではない。

問題行動を起こす子供が、学級に一人や二人いても、それは構わない。子供が複数集まればいろんな子がいる。当然である。
だが、問題行動の量と質によって、危険な結果になってしまう。
非常な暴力で同級の児童生徒に物理的心理的な損害を与える場合は、それがたとえ一年に一度のことだからといって、看過できない。
危険な行為が一月に一度、毎週、毎日、毎時間であるとすれば、どうするのでろうか。

子供には可塑性があるからとか、指導によって今後を見守ろうとかでは、全然間に合わない。
問題行動をとる児童生徒は、他の子供の生存と安全とのためにも、即刻排除しなければならない。
学校職員だけではなく、児童相談所、学校カウンセラー、地域の大人等と連携して、当該児童生徒を停学にして、学級に近づけてはならない。

教員は、学級の児童生徒全員に責任を持つ。
安全で円滑な教育活動を著しく妨げる要因は、たとえ自分の担当する学級の子供だとしても、厳しく排除しなければならない。それが、学級なり教科担当を預かる者の権利であり、責務でもある。

以上の点が、日本の学校教育、特に義務教育期である小学校中学校では曖昧なようだ。事態を冷静に判断することを恐れている。
教員の学級指導力や地域の教育力、子供の家庭環境等に原因の大半を押し付けて、問題行動に及んだ当該児童生徒はむしろ被害者なのだから、我々大人が、子供の気持ちを理解し味方になり見守るべきだ、という結論になりやすい。

子供の暴力行為を性善説で割り切って、当人の性格や成育歴や家族の要因を見て見ぬ振りをする。
簡単に言えば、親と家庭環境とを無視する。
悪いのは学校であり、教員であり、学級の子供たちだということにする。
いつの間にか、加害者が被害者となって、問題行動の常習犯は、無垢な天使になってしまっている。