読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

学習指導要領の大失態。学校を遊び場にして、勉強は学習塾で。


「来年から、小学校低学年で始まる『生活科』だの、『総合学習』だの、みょうちきりんな、いわば「お遊び」の時間が学校で行われるのは、実に嘆かわしいことである。以前は、学校の外で、子どもが自然と身につけたことばかりだ。


 
 家庭では身につけられないから、学校で、半ば強制的にやらせるのだ、という理屈をつけたいのだろうが、ちょっと待ってくれ。学校は、決して遊園地でもなければ、お子様探検隊でもないはずだ。
パンを作ったり、繁華街をうろうろしたり、校庭で芋を焼いたりするのが、学校の授業なのか。これはいったいなんであろうか。たちの悪い冗談なのではないか。音読すらまともにできていないくせに、葉っぱを集めましょう、などと大真面目でやっている。教員も子もその親も、無邪気に嬉しげである。

実生活では、なかなか身に付かないようなことを、それこそ強制的に『勉強』させるところが、学校の本来の役目である。そのために、力のあるなしは別として、教えるプロである教員が学校に何人もいる。


教員の実力が頼りないことと、だから教科のレベルを下げましょう、教科の中身を替えましょう、では話が逆である。



 断言する。総合学習とかいう『お遊び』は、日本の国力を下げることになるだろう。日本の子どもの知的レベルが哀れなほど下がって、親も子も我慢できなくなるだろう。そのとき、総合学習を推進した教育行政関係者や大学教員たちはなんと言って、弁解するだろうか。」
ーーーー


以上は1991年ごろに書いたものだ。
 どうだ、図星になっただろう。
今になって、「お遊び」による、「教育効果」のあまりの酷さに、行政もマスコミも親も(肝心の子どもまでもが)気づいて、悲鳴をあげだした。
もう遅い。