読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

Mの先生。教員の言葉遣い


学校では、教員が、ぺこぺこと、はいつくばっている。


学問を教えているのである。教えさせていただいているのではない。受けるべき給金は当然である。優秀な教員にとって、あまりに少ない額である。


仕事の実態は、サービス業だとしても、教員が謙虚すぎると逆効果になる。何より、児童生徒が戸惑うだろう。
先日見た授業でも、教員は、児童生徒に対して、馬鹿丁寧な言葉で話しすぎる。あれでは、子どもが傲慢になる。
「ごめんね」「ありがとう」、あるいは、してくれた、言ってくれた、うなづいてくれた。

教員は、子どもに勉強していただいている、という気持ちがあるようだ。それは、子どもに、勉強してやっているんだという感情を持たせることになる。


学習塾はもちろん、ピアノに水泳に習字にバレエにと、自家用車で父親や母親に送り迎えさせているのだから、やはり勉強は子どもにとって「してやってるんだ」というものなのかもしれない。


しかしながら、学校の授業においては、教員は子どもにお願いする立場なのかどうか。


 見苦しいほどの「へりくだり」は、教員が自身の授業力や知識教養に、自信がないからだろう。だったら、努力して学び続けて、乗り越えるしかないだろう。