読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

給料に見合った成果を出せ。一人が働いて残りを食わせる時代は去った。


こんな話を聞いた。


 


そこそこ名の知れた大学を出れば、まあまあの就職先が見つかるなんてことは、昔はどうだか知らないが、今はない。

エクセルやワードの検定1級は当然で、持っていないと話にならない。パソコンでゲームばかりやっていたのか、と面接で詰問される。
英語は、検定1級か、TOEFLのPBT600点以上、
CBT250点以上、TOEICで900点以上が必要らしい。海外旅行で片言がしゃべれました、では話にならない。

以上がクリアできて、どうやら就職できたとしようか。
もっと厳しい現実が待っている。
給料に見合った成果を挙げることができなければ、それは会社に損をさせている。すぐに「出て行ってくれ」となる。
損をさせても、今までは、それでよかった。
10人社員がいれば、そのうちの一人が仕事をしただけで、十分潤った。残る9人のうち、7人は、いてもいなくても関係ない人たちで、2人は、むしろ仕事の邪魔をする人である、できればいない方がいい。

思えば、のどかなものだった。
以上は、嫌味ではない。

一部の小学校や、高校及び中学校の半分くらい、大学のほとんどでは、同じような状況だ、と聞いたからだ。
詳しく言うと、いかにも差し障りがあるから言わない。察してくれ。
世間と違って、学校だけが、いつまで、「のどかな状態」が続くのかは、知らない。
表向きの「平等主義」が、すべてのレベルを引き下げてしまう。児童生徒学生教員の、足を引っ張っているのである。