読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

学校へ匿名の意見は無視するくらいがいい。不平不満のはけ口。

物わかりのいい親たち


学校での教員の指導について、匿名の意見がよせられることがある。
貴重な意見として、教育活動の向上のために、直すべきは直していけばいい。
しかし、この匿名というのが、曲者である。

意見として寄せられたのだから、と学校は重く受け止める傾向がある。
しかし、
事実かどうかが怪しい意見であっても、内容を詳しく確かめることができない。

意見の真偽の立証責任が学校側にある、と学校の職員は考える。
するとどうなるか。
疑心暗鬼の中で、しかも当該関係者の気持ちに考慮しながら、検討しなければならない。児童生徒に直接聞くことはできない。なぜなら、匿名意見であるから、その真偽は不明である。不明なことを、直接児童生徒に問うことは、教育活動においては慎重になる。「子供の心を傷つけた」などと大騒動になる。
ここにおいて、学校や教員は、途方に暮れてしまう。

匿名の意見に影響されると、肝心の教員の授業活動がびくびくと自信のない遠慮したものになってしまう。

景気が良くても悪くても、誰でも何かしら不満を持っている。
公立学校はその不満のはけ口となることがある。あることないことをごちゃ混ぜにして針小棒大に騒ぐ親が、学年に一人でもいたら、たちまち、学校はバランスを失して、喧噪に巻き込まれる。

現代は個人によって価値観がバラバラである。全員に喜ばれ安心され満足を与えるような教育活動は、とうてい無理な相談だ。だからどんな教員にも、細かく捜せば、どこかに指摘できる短所がある。

人間相手の仕事だから、当然である。
責任ある意見ならば、虚心に耳を傾けようと待ち望んでいる。
ところが、意見の出所がはっきりしないのは、これは密告であり、中傷であり、たんなるデマであるかもしれない。

意見を出す親は、現状を改善させようと考えるのならば、実名を名乗ることが必須である。そうしないのは、これは単に、自らの不平不満や子育ての困難さを学校教員に向けて暴発しているにすぎないと考えられても仕方がない。あるいはもっと複雑な場合は、個人的嫌悪感(当該教員が個性的であればあるほど)を抱いている場合もあるだろう。

しかしながら、どのような場合であっても、発言者が特定できる場合はいい。対処の方法もすぐに決まるし、解決が速いのだ。
繰り返すようだが、発信源が特定できないとき、非常に困る。いったい何をどのように対処してよいかが、曖昧となってしまう。

教育活動には、一般論はない。すべてが児童生徒の個別問題である。誰にでも通用し、誰もかもが幸いっぱいというわけにはいかないものだ。
誰にでも通用することは、誰にでも大した効果を上げないものである。

にもかかわらず、誰のことか、どの児童生徒のことか分からないのなら、手の打ちようがない。それどころか、すべての児童生徒に、意見にそった形で対応することとなり、全体的に活力のない、ミスばかり恐れる逃げの授業となってしまう。

その意味でも、学校に第一報が入ったときの対応は大切である。できるだけ、具体的な意見の内容と、その発信元の特定が必要だ。学校側も、責任の所在を明らかにしない意見は、無視をするぐらいの覚悟が必要だろう。