読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

知性を高める授業。教科を俯瞰できない教員。

小学校の授業


学校教育の授業の目的は、子どもの知性を育て、高めることにある。
このことが全然理解されていない。
子どもにではなく、教員に理解されていないのだ。

1時間の授業で、知性を鍛えられているという実感を子ども自身が感じられるような授業が必要だ。授業前と授業後では、何かが向上した、という実感がなければならない。そうでないと、子どもの本来的にもつ(であろう)知的欲求が、授業によって逆に抑えつけられ、踏みにじられるこ とになりかねない。
子どもの知的欲求の種を、他ならぬ学校の授業が、押し潰してしまっているのである。

小学校で知性的な授業を受けた子どもが、中学校では、授業が「全然楽しくない」という。理由を聞くと「当たり前のことを、ゆっくりやっている。退屈で仕方がない」という。
なるほど、その授業を見てみると、数分で理解可能なことを、もたもたと50分もかけて、堂々巡りしているだけである。
教員に指導内容の全体的見通しがない(教科の全体把握というか、知的活性感というか、そういったものが感じられないのだ)。何より、授業に、知的なインパクトを感じさせる迫力がない。

小学生の場合、たとえば、5年生で知性を高める授業を体験した子どもが、6年生で「反知性的授業」(あえてそう呼ぼう)を体験すると、はっきりと授業の違いを「認識」し「評価」できる。
だが、それ以下の学年では、体験した授業への「見通し」や「冷静な感想」をもつには、子どもがまだ幼すぎて、授業の優劣を判断できにくい。

だから、小学校では往々にして知性的な授業ではなく、その反対の授業が行なわれていても、大きく問題になることが少なかった。その結果、目的が曖昧で時間つぶしのような授業が、日本全国津々浦々の小学校で、大手を振ってまかり通っている。
しかし、さすがに6年生や中学生になると、何人かの子ども(あるいは、ほとんどの子ども)は感づいてくる。もうごまかしがきかないのだ。
こういったことが、小学校から大学院までの多くの教員には、全然理解されていない。

学校でどんなにひどい授業が行なわれているか、そのことに親や教員や子どもだけではなく、すべての大人も気づくべきである。

知的なものへの憧憬を育て、自分から進んで学ぶようにさせることが、教育の目的である。
反知性的な授業の強制によって、子どもから学習意欲を奪い、大切な学習時間を無為に過ごさせることのないように、再び、教員の反省を促したい。