読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

担任の当たり外れは子供の一生を左右するか。

小学校の授業


子どもの学力の向上は、教員によって、ずいぶん違う。
親戚の二人の子どもを見ていると(4年生と6年生)、担任によってこうも違うのか、というほど、学力で差が出ている。


4年生の担任は、確固とした学力観をお持ちのようで、児童たちに遠慮会釈なく学力向上のための方策を示し、実際に児童の学力は、伸びている。ときとして強引とも思えるやり方をなさるが、学級の児童全員がぐんぐんと力をつけている事実がある。
先日はパソコンの授業で、文章入力をあっという間に全児童に教え込んだ。漢字、朗読、作文、計算力と、目覚ましいような授業振りである。児童を、子ども扱いをしない。学問をする人格ととらえている。

一方、6年生の子どもの学級担任の教員は、連絡ノートに何かと励ましやら説教やらの文通めいたことをくだくだしく書くのは熱心だが、肝心の授業が一向に進んでいない。
あと数日で夏休みが始まるという時期であっても、学習計画の半ばも進んでいない状態だ。学級の児童を見ても、さほど知的に刺激を受けているとも思われない。この教員は、「仲良く・思いやり」などと総論的なことばかり言っている。黒板の上には「みんないっしょに」なんて張り紙がしてある。


いつも「帰りの会」が長引き、説教と反省との繰り返しである。組合の熱心な活動家らしい。学級はいつも騒然として、まとまりがない。       

ところで、私は別に労働組合を批判しようとは思わない。学習指導要領を元にして(あるいはそれ以上に)、児童生徒の学力を向上させ、意義ある学校生活の牽引をしてくれるなら、文句はない。
日教組だろうと全教だろうと、関係ない。

だが現実はどうであろうか。人権だの平和だのに力瘤が入っている教員は、ご立派な言葉を吐くが、いつも理屈ばかりで、肝心の児童生徒に、事実として学力をつけていないようだ。それを指摘すると、「学級で学習の一番遅れがちな子どもに合わせている」との答えが返ってくる。
しかしこれは変ではないか。一番後れがちな子どもに合わせていたら学級全体が停滞する。しかも、その遅れがちという子どもが、さほど熱心に勉強に取り組んでいるようには見えないのだ。だらしないだけのようである。これではお話にならない。
要するに怠け者の味方なのである。怠け者に基準を置くと、実は教員が一番楽なのである。遅れがちな云々を同和教育とリンクさせ、大声で叫んでいると、教員が一番怠けることができる。

児童生徒の学力を、本当に向上させようとすると、教員は生半可な気持ちではできない。知性・教養・学力・気力・授業技術など、すべてが要求される。それが嫌なのだ。

だから、「遅れがちな子を中心に」、とか「平和教育が大切だ」とか「子どもの人権を中心に」、とご熱心そうな素振りを見せる。
これらは、同和教育の一環として、一種のタブーの「お言葉」だから、それを口走っている限りは、誰も文句のつけようがない。
かくして、ぬくぬくと不勉強なままで毎日を過ごし、当然のように、その学級の子どもたちも、勉強をしない。すなはち、学力はいつまでたっても、お粗末なままである。

これもまた、人生であろうか。担任の当たり外れは、実にその子の一生を決定する要因の大きな一つと言ってよいだろう。恐るべし。