読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

小学校教員は世界一。それでも外国崇拝はかわらない。

小学校教員


以下はすでに書いたのかもしれないが。




日本の初等教育に携わる教員の水準の高さは、誰がなんと言おうと世界一である。その熱心なこと、繊細な配慮、真面目なこと、他の追随を許さない。
これは喜ばしいことだろうか。
残念ながら、必ずしもそうではない。


小学校学級担任教員が優秀であっても、かくも教育効果が低いのは、何故なのか。いったい誰の仕業なのか。
この疑問に頭を悩ますのである。


以前話題になった映画に、フランスだかどこだったか、老教員と11人の子ども達との交流を描いたものがあったようだ。
景色はきれい、のんびりとモネ風の景色よろしく散歩やその他読んだり歌ったり、なんとも、のどかなものである。あれは教育と言えるのだろうか。おそらく、あれでも立派な学校教育だと言いたいのだろう。

だとしたら、一年中、一日中、毎時間中、どたばたしている日本の先生方のやっていることも教育なのであろうか。もちろん、あれは学校教育であろう。だが、忙しさは自慢できることなのかどうか。
案外、無駄なことで、忙しくしているのではないか。

この十数年で、公教育は、その前に比べて、少しは「まともになった」と言える面もある。
しかし、肝心要の行政、文部科学省が失敗のし続けである。
学習指導要領の中身がお粗末である。これでは、現場が苦しむだろう。

日本の教育の根幹から、社会主義の影響が薄まって、ようやく日本の国民を大切にする教育へと変わる兆しが見えてきた。と期待をさせて、背負い投げ、とはこのことである。

誰の陰謀かは知らないが、「ゆとり教育」「総合的学習」等々の戯言を押し立てて、一挙に教育水準を転落させて、日本の教育立国、技術立国として立場を転覆しようとする作戦が、いまだに続いている。
寺脇某氏がその首謀者だとは言わない。
しかし、知人はそう考えているようだ。
だが、これは区々たる一個人が画策してできることではない。裏に、外国資本がくっついている。

覆水盆に返らず。このダメージから回復するには何年かかることだろう。それを思うだけでもぞっとする。

こうなったら、逆手をとって、先生方、あなたの学級だけでもちゃんと教えてもらいたい。
レベルの低い教科書をすませば、それでいいなんて考えてはダメである。
あんなものは、一年分の教科書でも、無駄なくうまく教えれば、ほんのひと月で習得し終わることは、いくら何でもおわかりだろう。



教科書なんか、さっさとすませて、プリントどっさり刷って、学級の子どもの学力を上げることだ。
学習塾に任せて、知らんぷりでは困る。塾の月謝を、誰もが払えるわけではない。

反日日和見の社会科教科書(東京書籍だけではない)、左翼のちょうちん持ちの国語教科書(光村だけではない)を後生大事に、もたもたと使うばかりでは、国を誤る。

「そんな余裕はない、毎年、学期末でも、教科書が予定通り終わらない」と、先生、あなたはおっしゃるか。
残念ながら教員としての能力が不足しているのではなかろうか。反省を求める。