読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

文科省の権威と指導主事殿の実力。

教育委員会


多くの都道府県では、教育事務所の職員として、教員から採るときに、40代30代よりも、20代を選ぶ比率がうんと高くなってきた。

その傾向が目立ってきたのが、お粗末な学習指導要領の改定時期とぴったり重なるから不思議である。

文部省は、文科省文部科学省)と改名した。
その権威は、ない(地方の教育事務所及び各学校は除く。ここでは今でも、文科省の諸君も「お偉いさん」である)。

聞くところによると、国家公務員採用一種試験(総合職試験)をかろうじて受かったものの、ぱっとしない成績なので、「文科省でもいいか」というような連中が多いのだそうである。心の中は、ルサンチマンでいっぱいである。文科省内(及び地方公共団体に「ご行幸」なさったときには)では、20代やそこらで、生意気にも役職付きで、大いばりであるが、そのくせ、財務省や外務省の同期の前では、うつむいて歩く。

それはそれで、あり得ることだろう。世間である。それにしても、文科省の方針は、あまりに定見がない。

お話戻って、地方の教育事務所が、指導主事(なんという「ご立派」な職名だろうか。恥ずかしくないのだろうか。何を指導するのか、何が指導でき得るのか)を、若い教員の中から選んだのは、ある意味では正解だった。
猫の目のように方針をころころ変えても、順応できて、手懐けやすい。おまけに、中央から、やいのやいのと、形ばかりの書類作成を要求されたとき、徹夜で作業させるには、無理の利く若い者がいい。

そのかわり、「指導主事」というネームの価値は、いっそう落ちた。知識見識ともにお粗末である。

指導主事をねらっている諸君には、手っ取り早く指導主事になる方法として、いろいろと要領があるらしいのだが、その話は、またいずれ。