読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

他の生徒の邪魔をする中学生。教員はだれ得、何様相手の授業。


先日、ある公立中学校の授業を、参観する機会があった。


おしなべて教員の言葉遣いが丁寧すぎる。逆に生徒のことばが非常に汚い。
授業中にもかかわらず、生徒の私語(無駄話)が多い。授業内容に無関係な質問や、ふざけた茶々を頻繁に入れる。それに対し、ご丁寧に教員がいちいち対応するものだから、生徒はいい気になって、ますます調子に乗り、授業妨害をする。

これでは、大部分のまじめに学習しようとする生徒に、大きな迷惑である。生徒達の学習権を、一部の無法者の生徒が奪っている。その共犯者は、まさに、無法な授業の状態を許している教員本人たちである。
このような授業風景が、公立中学校の日常の風景であるようだ。
というのも、他の中学校でも大同小異であったからだ。

子どもが落ち着いて学習するように、学習できるように、授業を指揮することが教員の役目である。
ところが、子どもに阿って、その背後にいる親に怯え、教育事務所に諂い、管理職へ恋々としている教員の、なんと多いことだろうか。
ごく少数ながら、教えるべきことを厳しく適切に教えている教員もいるだろう。
 
教員が、効果的な授業を構成できないとしたら、そもそもが教員としての実力がないのである。だから、「もう辞めろ」と言うのは簡単だが、そうは言わない。
そんなことを言ったら、教員のみならず、世の中の大部分の職業人が辞めざるをえなくなる。
無理を承知、能力不足を承知で、大方は仕事をしているのである。教員だけを責めるのは不公平だろう。

しかし、教育現場の状況は遺憾である。おかしい。
そのおかしさをまともな方向へ変えることは、各教室に限って言えば、個人の力で、なんとかなる。
教員は、とりあえずは、目の前の子どもを相手に、手応えのある授業をすればいいのである。
これこそが結局は、教員の仕事のすべてではなかろうか。

憎まれるのを承知で言うと、女性教員、特に若い女性教員の授業が特に乱れていたように思う。これらの教員は、教育への確固とした方針が、自分の中でまだ定まっていないようである。
こんなことを言うと、では教育哲学(らしきもの)を持ち、力のある教員はいったいどこにいるのか、という質問を返されそうだが、それは確かにどこかにはいる。
いやどこにでも捜せばいるはずだ。
それを信じなくて、いったい何を信じればいいのだろう。

若い教員は、「いっぱいいっぱい」の授業をしているのが、端から見てもはっきりとわかる。余裕が、まるでない。
あっぷあっぷで、今にも溺れそうである。その有様が、生徒に気づかれないことがあろうか。生徒は、教員の余力のなさを知った上で、茶々を入れる。教員はそれに懇切丁寧に応える。生徒になめられているのである。これでは授業にならない。

現在の教員は、児童生徒に対して、物わかりが良すぎる。教員だけではな い。親も我が子に対して、そして、子どもも他の子どもに対して、物わかりが良すぎるのだ。
それは見て見ぬふりをすることにも通じるし、超個人主義にも通じるし、結局は、無責任主義にも通じる。現憲法の、「諸国民の公正と信義に信頼し」て、日本の運命を、日本以外の諸国民にゆだねる、という姿勢にも通じ る。
万事が、他人任せの甘えなのである。甘えが通らないときは、駄々をこねる。

保護者は教育事務所へ直訴し、マスコミに不平を漏らし、校長に揺さぶりをかける。
困ったことに、保護者の駄々っ子ぶりには、まったく手も足も出ないのだ。お互いに外見だけは大人である。
すべて、泣く子と親とには、決して勝てぬものらしい。