読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

筑波大学附属小の研究会の報告。ゆとりですが、総合学習。


少し古い話になる。
筑波大学付属小の研究会に、知人が行ってきた。その報告を受けたので。  


筑波大附小は、東京大学が本当の意味での名門かどうかはともかく、国立付属小学校の東大といわれるほどの「名門」なんだそうである。

  付属小は、年間に2回の研究発表会を開く。全国から熱心な先生方が集まって、授業を「参観」する。
児童の方も、6年生なら、12回も研究会の場数を踏んでいる。
なるほど、みんなお利口さんで、どんな授業でも、うまく理解して、発言も要領がいい。手慣れたものである。
あれは、地方の公立小学校の手本にはならない。 
 


授業前に数人の児童(6年生)と話してみたが、察するところ、家庭は裕福なようだ。お受験のために幼稚園から塾に通い、入学後も、大手の有名塾に通って鍛えられている。そんな子どもが多いようだ。
授業を、軽くこなしているのは、当然である。         

さて、本題はこれからである。
今回の研究会でも、例によって総合学習をめぐって、盛んに論議されたが、労多くして益少なしの感はぬぐえなかった。 
二日目の午後には、会場にあふれんばかりの教員達と研究発表者、文科省担当者とで、総合学習を巡って熱心に討議があった。
 

参加した教員は、散会後、会場から地下鉄駅に向かう間、誰の心にも、総合学習はもはや駄目だ、総合学習の無意味さと虚しさと、何か変だぞ、という感想を持った。
その中で、ただ一人気付かなかったのは(気付いてはいるが、立場上気付かぬふりをしただけか)、文科省の担当氏だけだったのかもしれない。


理念のみの空論を、さも意味ありげに話していたように思えた(しかし、論理の苦しさは、言葉の端々に出てくるものである)。
所詮、間違いを間違いと認めずに(文科省が)、意味あるもののように扱おうとするのだから無理がある。

日本全国の現場の教員のほとんどは「総合的学習は内容空疎」と気付いている。観念で気付いたのではない。実践によって、確信させられたのである。
もはや、総合的学習は終わっている。次の指導要領改訂では消えてなくなるだろう。そうならなければ、日本の教育は崩壊するだろう。

------


以上を書いて、かなりの年数がたった。


予想通り、さすがに、現在では、文科省担当者の面子をつぶさない程度に、暫時、時間数を減らしている。


そりゃそうだろう。


しかし、文科省の担当者のレベルの低さには、毎度ながら辟易する。
教員が迷惑なだけではない。親と子供が迷惑をこうむるのだ。